FC2ブログ

戸惑い

S1060001.jpg

預託の際、「ぼくのしつけ法はとても簡単です。してはいけ
ない事は絶対にしない…そのことだけきちんと守っても
らえば何も難しいことはありません」と言われていました。

具体的にはどのような事ですかとお聞きしましたが、その仔
その仔によって違いますし、家に戻るときにきちんとお話し
させていただきます、簡単なことですから、との事でした。

その禁止事項…今は総て守っていませんが、下記の通りです。

・「小次郎~」と高いテンションで声をかけたり、触ってはいけない。

・小次郎がブンブン尻尾を振るような状態にしてはいけない。

・わしわしと小次郎を触ってはいけない。

・小次郎をこたつの中に入らせたり、こたつ布団の上で寛がせてはいけない。(以前、
 訓練所に見習いに来ていた学生さんが飼っていたベルジアンシェパード・マリノアが
 こたつ布団の上で眠っていたときに、側に座っていた学生さんが動いたら、マリノアに
 手の平を噛まれ、骨が砕けたそうです)小次郎は性格がマリノアと同じなので、
 こたつ布団の上で寛がせると、そこをテリトリー化してしまい、学生さんの事故と
 同じようなことが起こるからとのこと)

・小次郎が尻尾を振っている間はケージから出してはいけない。

・ケージのドアを開けたときに飛び出してくるようなら出してはいけない。飛び出して来たら
 ケージに戻し、ゆっくり落ち着いて出てくるまでやり直し。

・私たちが仕事から帰って来たときも「ただいまー!」とテンションを高くして声をかけては
 いけない。

・食事(餌)のときも、少し離れたところに座らせて、「よし」と声をかけたときにバタバタ
 あわてて来るようなら、ゆっくり歩いて来られるようになるまでやり直し。

・部屋で臭い嗅ぎをしたり自分勝手なことをさせてはいけない。そのようなときには、
 新聞や雑誌を投げつけたり、リードショックで抑制する。

・散歩に出かけるとき、小次郎と一緒にドアの前に立つ。ドアを開けたときに小次郎が
 先に外へ出てはいけない。飛び出さなくなるまでやり直し。

・歩くときにはズボンの横の縫い目より鼻先が前に出てはいけない。

・「よしよし」の声掛けは(トレーナーさんから)指導されたリズムでなければいけない。

・散歩中、排便排尿のとき以外は臭い嗅ぎをさせてはいけない。

・散歩中、すれ違う人や犬に反応させてはいけない。

・足拭きなどのお手入れもトレーナーさんの指示通りにしなければいけない(例えば足拭き
 の場合、犬の足の第一?関節のところに手を添えて足をピンと伸ばした状態で拭くetc)

 
「何も難しいことはありません。僕の言うことをきちんと
守りさえすれば、穏やかな良い仔で居ます。ただし、
このぐらい大丈夫だろうと、ルールを守らないと、とん
でもないことになります。そういう人がいるのです。
余りにも良い仔になって帰ってきたので、ついつい、
このぐらい大丈夫だろうと思ってしまうのです」
トレーナーさんはそうおっしゃいました。

でも、私たち家族は戸惑いました。戸惑いながらも
それを守らなければとんでもない事になる…そんな
気持ちを抱きながらの生活の始まりでした。

111015.jpg
おいらの母ちゃんって結構大雑把でいい加減なのに、こんな事はちゃんと守らなきゃって
必死になるんだよな~C= (-。- ) フゥー
必死になるとこ間違ってないかい┐( -"-)┌ヤレヤレ...


スポンサーサイト