FC2ブログ

不安を抱えてのスタート

140205-1.jpg

小次郎は若いので、トレーニングがとても入りやすかった。けれど、
若いから崩れやすいので、注意するように。トレーナーさんからの
禁止事項は絶対に守ること。それを守らない人が居て、犬が崩れて
しまい、後から泣きついてくることがあるが、自分(トレーナーさん)の
言うことをきちんと聞いていればそんな事にはならない。

また、どんな些細なことも気になることがあれば直ぐに連絡をする
ように。このぐらいのこと…と言わずに。隠される方が困るのでと
言ってくださり、そのことに関しては、とても心強く思いました。

駆け足で指導をしてくださり、昼過ぎにトレーナーさんと
奥様は帰られました。僅か半日の練習で大丈夫だろうか……
トレーナーさん宅はとても遠方だった為、私はとても不安に
思いましたが、気になることがあれば直ぐに連絡をと言って
くださった言葉を信じて頑張ろうと思いました。

私たちは、その日の指導を総てビデオ撮影し、繰り返し
見て、トレーナーさんを真似るように練習をしました。

その間小次郎は私たちの側のベッドで伏せていましたが、
何となくトレーナーさんがみえた時とは様子が違うように
思いました。穏やかに落ち着いているという感じではなく、
私たちの様子を伺い、隙があれば……という様子でした。

その日を含めて3日間、私たちの地方では「初午大祭」と
言われる祭りがあり、翌11日、マメタはその祭りに一緒に
出掛ける友だちを家に呼び、小次郎も交えて遊ぶ約束を
していましたが、マメタが私に「明日、友だち来ることにな
っとるけど、止めとくわ。何か小次郎、微妙やから」と言った
ことがとても印象に残っています。

金曜日の夜に戻り、土曜日のお昼過ぎまで指導を受け、
その日の夜、マメタはそう言ったのです。マメタは何となく、
トレーナーさんのしつけ育成に不安を感じたようでした。

トレーナーさんが帰られた途端に様子が変わる…私も
不安を覚えました。その日の夜、トレーナーさんに
小次郎の様子と少し不安だった私たちの気持ちを電話で
伝えさせていただきました。

トレーナーさんは、小次郎が“あいつ(トレーナーさん)
帰ったな”ぐらいのことは思ってるだろうとおっしゃいま
した。そして、小次郎が私たちの隙を狙ってベッドから
出て来たら、迷わず強いリードショックを使うようにと言われ
ました。また、小次郎の様子を確認するために、スカイプを
つなぐように言われました。

スカイプで繋いで様子を見たり、指導をしていただける…
不安でいっぱいだった私たちにはとても有り難いことでした。

140205.jpg
おいら、折角お家に帰って来たんだからさ、色んなところの匂いを嗅いで確認したいだけなんだ(x_x;)
そんなにガンジガラメにしないでおくれよ( ; ̄) =3 旦 フーフー
スポンサーサイト