膨らみ出した不信感

140504-20_convert_20140512215009.jpg

トレーナーさんの都合の良い時間帯は、その日によって
色々ですし、奥様が折り返して電話をするように伝えます
と言ってくださっても返信がないこともありました。

どうしてもトレーナーさんの都合のつく時間帯に電話が
出来ないときにメールで色々とお聞きすると、小次郎を
ロボットにしか思っていないような文面だとか、これでは
小次郎が可哀想過ぎるとか、私にとっては“責められて
いる”ようにしか思えないことを言われました。

トレーナーさんの代わりに娘さんから質問の返事をいた
だいたことがありました。とても感じの良い対応でした。
私でよければいつでも電話してきてください。分かる範囲で
しかお答えできませんが、遠慮せずにどうぞと言ってくだ
さって、とても嬉しかったのですが、聞き忘れたことがあり、
直ぐに掛け直しましたが留守番電話になっていました。

電話を切ってからかけ直すまでに30秒も経っていませ
んでした。娘たちは、さっきの言葉は建前で、こちら
からの電話に対応する気はないと思うと言いました。

トレーナーさん一家をとても謙虚で感じの良い家族だと
言っていた主人や娘たちが、段々不信感を持つように
なってきていました。

それでも私だけはトレーナーさん一家を信じようとして
いました。これがマインドコントロールというものだった
のでしょうか…今になって、そう思うようになりました。

そして、どうしても小次郎との関係がしっくりいかない私は
仕事を一週間でも二週間でも休んで訓練所に通って
勉強させてもらおうと思いました。

ウィークリーマンションを借りて訓練所に通えば、
何とか小次郎との関係をきちんと作れるのではない
かと……。11年間、殆ど休まずに働いてきた私でしたが
それで小次郎との関係を作れるのなら、仕事よりも
優先しようと思ったのです。

そのことをトレーナーさんにお話したところ、こちらに
来てもらうより、そちらに娘を行かせます。その方が
安く済むとのこと。 話の内容から、訓練所に通うには
別途お金がかかるようでした。

預託に際してのお話のときに、3ヶ月分の代金で半年は
保障すると言ってみえました。小次郎を預託した日から5ヶ月
と少ししか経っていなかったので少し疑問に思いました。

そして、最初に言ってみえた、しつけ育成の過程を収録
したDVDも全く届く気配がなく、そのことを電話で言いかけ
たところ、トレーナーさんは違うことを上から被せるように
話し出しました。結局、しつけ育成の過程は何も収録されて
おらず、そのDVDも存在しなかったので、都合が悪かった
のだと思います。

信じよう、信じたいという気持ちと、おかしい、最初と
話が違い過ぎるという気持ちが心の中でぶつかり
始めました。

140406-22_convert_20140420203610.jpg
母ちゃん、そうだよ! 目を覚ましてよ!!
どう考えたっておかしいよ(。・_・。)ノ チョークチェーンで締め上げること、
リードショックを与えること…そんな事が愛情だなんて絶対におかしいよ(`^´)