私たちに出来ること

Screenshot_2014-07-14-22-22-11.png

もう絶対にリードショックは使わない、チョークチェーンも
使わないと強く心に決めていました。
ただ、余りにも小次郎の引っ張りが強く、また通常の首輪では
いとも簡単に抜いてしまうので、ハーネスを使おうかと思うように
なりました。

そして、なるべくゴミや放置便の少ないところを自由に歩ける
散歩を心がけました。

主人は拾い食いをする為に匂い嗅ぎをしているような
ものだ、こんな事をしていて良いのかと言いましたが、
私はある程度の拾い食いは仕方ないと腹をくくっていました。

今まで小次郎の犬としての尊厳を無視して抑え込もうと
していたのですから、そのツケが回ってくるのは当然だと
思ったのです。

でも結果は急がない。崩してしまった信頼関係を修復
するには何倍もの時間がかかるのは、人でも犬でも
同じ。とにかく、今までのストレスを何とか緩和させて
あげる事を一番に考えよう。

その為に私たちの出来ることは何なのか。それを自分の
頭でしっかりと考えて選び、取り組んでいこう…不安な気持
ちを抱きながらも、そう自分に言い聞かせていました。

たまたま自宅から直ぐのところに土手があり、たっぷりの
草や土の匂い取りをすることが出来たので、なるべく土手
散歩をするようにしていたのですが、ゆっくり匂い取りを
することは殆どなく、いつも何かに駆り立てられるように
肩をいからせて歩き、私が躓いたり、リードが足にからま
ったり、鳥が飛び立つ音に反応し、また時には突然興奮の
スイッチが入り、度々高速回転する小次郎でした。

そんな姿を見るのは辛かったです。小次郎をそんな状態に
してしまったのは紛れもなく私でした。興奮し走り惑う
小次郎を見て、悲しくなると同時に「ごめんね 小次郎。
本当にごめん」といつも心の中で謝っていました。

どなたかのブログで、トゥーリッドルーガス氏の
カーミングシグナルの著書の存在を知り購入しました。

その著書を読むと、小次郎の状態はまさにストレスの
コップがいっぱいの状態であることが容易に想像できました。

とにかく小次郎の嫌がることをしないようにしよう、今まで
抑え込まれて我慢に我慢を重ねてきた小次郎のストレスを
まず発散させることが今一番大切なことだと思いました。

そしてストレスマネジメントをすることが信頼関係を取り戻す
ために必要なことだと思いました。それ無くして信頼関係を
取り戻すことは出来ないと思いました。

ハーネスを購入し、お手製のロングリードを繋ぎ、
草や地面、他犬の排泄物の匂いを十分取らせてあげる
こと…それが唯一私たちに出来ることでした。

DSC00182.jpg
母ちゃん、おいら自分で自分が抑えられないんだ(。>0<。)
何だか分からないけど、変なもの食べちゃったり、引っ張っちゃったり(T_T)
でもさ、母ちゃんがそんなおいらを受け入れてくれるなら、おいらきっと家族になれる(・o・)ノ ハーイ!!
だから…もう少し時間が欲しいんだ(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪