もう一つの理由

PIC005F2.jpg

小次郎を飼うと決めたときに、私には心にある想いが
ありました。それが小次郎を預託した、もう一つの理由です。

それは命を引き受けるということ。
たとえ小さな動物でも、命あるもの、この世に生を受けた
もの…その命を引き受けて、どんなことがあっても殺処分には
しない、そのような事にならない飼い方をする。

余りにも酷い甘噛みに、このまま噛み犬になってしまう
のではないかという不安が膨らみ、〇田流のしつけを知り、
トレーナーさんとお話しするうちに、小次郎に対して勝手な
思い込みをしてしまったところがあります。

私は人でも犬でも“持って生まれたもの”があると思って
います。人でも犬でも育てにくい子(仔)はある。

人で言えば専門家の支援を必要とする枠に入る…それが
小次郎の持って生まれたものなのだと。だから、素人の私たちが
きちんとした知識も経験も技術もないのに、小次郎を闇雲に
育てることはとても危険なのではないか。専門家に託さなければ
とんでもない犬になってしまうのではないかと。

たとえ今、小次郎と離ればなれになって寂しくて辛くても、
小次郎が心穏やかに落ち着いて生きていけるように矯正され
るのならば、その道を選ぶのが飼い主の責任ではないか。
それが犬を飼う責任のひとつではないか。

どんな事があろうとも、小次郎を保健所に持ち込まなけ
ればならないような事には絶対にしない…小次郎が家に来た
とき、小次郎の顔を見たときに、そのことを心に誓いました。

111031.jpg
母ちゃんの気持ち、おいら、とっても嬉しいよ(T_T)
でも…勝手な解釈してるような気がするんだよな~ウ・・ ウン(・_・;)

コメント

非公開コメント

No title

ああ、これ…。
とてもよくわかります。 私も同じでしたから。
ましてや永遠は秋田犬。
何かあった時、厳しい目で見られるのはわかっていたから。
だから、どんな時でも私の指示に従える、そんな犬に育てることが永遠のためなんだと思っていた。

私たちが訪れたのは警察犬訓練所併設のトレスクール。
でも、そこでのトレーナーの指導に引っかかりを覚えて、結局パピークラスに数回通っただけでやめてしまったのだけど(笑)
けれどその後、私は自分の手でリードショックやアルファロールを使った「躾」を永遠に強制していきます。
私の場合、日に日に悪化していく永遠との関係を目の当たりにしていたから「何か違う」ことに気づけたのだと思います。
そしてママさんと出会い、今に至るわけですが……。

このへんのこと、もう少しブログの読者さんが増えたら 記事にしようと思っています。
たくさんの人に見て欲しいから。
私の黒歴史を含めて、ね (;-ω-`)

Re: No title

ナナセちゃん♪

> ああ、これ…。
> とてもよくわかります。 私も同じでしたから。
> ましてや永遠は秋田犬。
> 何かあった時、厳しい目で見られるのはわかっていたから。
> だから、どんな時でも私の指示に従える、そんな犬に育てることが永遠のためなんだと思っていた。

犬について学ばないと、そこのところを真面目に間違ってしまうんじゃないかなあ。

> 私たちが訪れたのは警察犬訓練所併設のトレスクール。
> でも、そこでのトレーナーの指導に引っかかりを覚えて、結局パピークラスに数回通っただけでやめてしまったのだけど(笑)

その判断は正解だったね♪ そういう感覚をナナセちゃんが持ってることが凄いと思う。

> けれどその後、私は自分の手でリードショックやアルファロールを使った「躾」を永遠に強制していきます。
> 私の場合、日に日に悪化していく永遠との関係を目の当たりにしていたから「何か違う」ことに気づけたのだと思います。

「何か違う」って気づけて、方向転換したことも凄いよ(*^_^*)
何か違うって思いながら、でもこの方法しかないってしがみついてしまって、とんでもない
ことになってしまう人も多いんじゃないかなあ。私がそうだった…。

> そしてママさんと出会い、今に至るわけですが……。
>
> このへんのこと、もう少しブログの読者さんが増えたら 記事にしようと思っています。
> たくさんの人に見て欲しいから。
> 私の黒歴史を含めて、ね (;-ω-`)

私が発信しても、もしかしたら何の役にも立たないかもしれないけど、発信しなかったら
誰の目にも留まらないのだからって…内容が内容だけに、かなり勇気が要ったのですよ(_ _。)

間違った情報で不幸になる人と犬を少しでも減らしたいよね。
ナナセちゃんも大変なときがあったんだ。
でも、今の永遠ちゃんの顔を見たら、素敵な関係だって分かるよ~(゜∇^d)

No title

小次郎君の尻尾、可愛いぃ^^

マメタ母ちゃんの気持、分かりますよ。
私もルビーがトラウマ抱えてた時は、必死でしたから。信じたトレーナーから「保健所行きになりかねない」なんて言われたら。。。
可愛い我が子同然ですもの、保健所行きになんか絶対にするものか。って考えてたとえ、キツイ訓練でも信じて訓練に取り掛かってしまうものですね。そうゆう方が多いのは、事実だと思います。
確かに躾は必要であるとは思います。
飼い主が自分の犬を管理しなければいけないと思います。
犬と言う動物を知る事も大切だと思ってます。
ガツンガツンする躾ではなく、穏やかでいれる心にしてあげる。
ガウガウを止めるのではなく、その前に怖いと言う心境を断ち切ってあげる。リラックスに導いてあげる。
予防するって言うんでしょうか。
私の場合、今はそんな風に取り組んでいます。
家庭やトレーナーによって、ワンコとの取り組み方も違うかもしれませんが。
私のワン友でもドックダンスしてる友人います。
アジリティーしてる友人もいます。
愛犬と楽しみを共有しながらその友人はしています。
私もルビーと楽しみながら嬉しい事、楽しい事、共有しながらトレーニングしています。
マメタ母ちゃんも小次郎君と楽しくチャーリーママさんの散トレに出てらっしゃいますものね~^^
楽しくなきゃ意味無いですものね~。
飼い主とワンコと楽しまなきゃねぇ。

私も犬を鳴かせたり、苦しめたり、自身を無くさせたりする訓練は、大反対です。
長々書いてすみませんm(_)m

Re: Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

> 小次郎君の尻尾、可愛いぃ^^

フローリングは足が滑るから、ごはんの時には後ろ足が開いちゃう∵:.(:.´艸`:.).:∵ぶっ
尻尾もまだまだカワユイですよね(〃^∇^)o_彡☆

こんなに小さくてカワイイ仔を見たら、何としても守りたい、守らなきゃって…これは
母性本能なのかもですね(´∀`*))

どうしても巷では支配性理論が横行しているから、真面目に間違えてしまいますよね。
例え今きつくても辛くても、それが先々の幸せに繋がるんだからって…みなさん、そう思って
頑張ってしまうんだと思うのです。そして、どんどん犬との関係を悪化させてしまう。

ときどき、強制訓練がツボにはまったり、才覚のある人が強制訓練でうまく
自分の犬をしつけられたりすることがあるから、厄介なのかもしれませんね。

> 飼い主が自分の犬を管理しなければいけないと思います。
> 犬と言う動物を知る事も大切だと思ってます。
> ガツンガツンする躾ではなく、穏やかでいれる心にしてあげる。
> ガウガウを止めるのではなく、その前に怖いと言う心境を断ち切ってあげる。リラックスに導いてあげる。
> 予防するって言うんでしょうか。
> 私の場合、今はそんな風に取り組んでいます。

うんうん頷いちゃいました(^-^) 本当にそうですよね。
穏やかでリラックスしていられること…それがワンコさんの幸せだと思います。
ルビーちゃんとすももちゃん、幸せですね(・v・*)ムフ♪

ドッグダンスやアジリティーも楽しそうで素敵だと思います♪

> 私もルビーと楽しみながら嬉しい事、楽しい事、共有しながらトレーニングしています。

それが一番ですよ!お互いが楽しい、嬉しい…それが幸せですよ(。・ω・)σネ

> 私も犬を鳴かせたり、苦しめたり、自身を無くさせたりする訓練は、大反対です。

そのことを発信していきたいと思っていますハィ!!∩(`・ェ・´)∩
ルビーちゃん、すももちゃんとトレーニング楽しんでくださいね゚+。:.゚゚.:。+゚ (´ゝ`))
コメント、ありがとうございますm(__)m