思いもよらぬ出来事

S1030003.jpg

帰って来てから3日目、留守番をしていた小次郎はベッドを
ビリビリに破ってしまっていました。そのことに対する対応を
トレーナーさんに伺おうと電話したところ、わざわざこちらまで
来ると言われました。

今の私たちならば、ベッドをビリビリに破壊することなんて、
何てことのない出来事です。小次郎は犬だから…新聞の
チラシもポリ袋もビリビリに破ります。破るだけで食べて
しまわなければ大丈夫なことなのですが、その頃の私たち
にとって、ベッドを破壊する小次郎は、トレーナーさんから
聞いていた小次郎とは違う犬のように思えてしまいました。

リビングに入ってみえたトレーナーさんは、小次郎の様子と
ビリビリに破壊されたベッドを見て、私に100枚入りのペット
シーツの買い置きはないかと尋ねられました。

たまたま買い置きがあったので、お渡ししたところ、その
ペットシーツを、ケージの中で逃げ場のない小次郎の
頭をめがけ思い切り投げつけました。ペットシーツの塊を
自分の頭の上まで持ち上げて「こらー!!」という怒声を
浴びせながら…。

その日も私はビデオ撮影をしていたのですが、一瞬何が
起こったのか理解出来ず、カメラを持つ手がガタガタと
震えていたことを覚えています。

主人もマメタも長女夫婦も目をそらせました。私たち家族
にとってトレーナーさんが、そのようなことをする訓練士だとは
思いもよらないことでした。

僕のしつけは愛情が基本。リードショックは使うけれど、正面
切っては使わないし、使ったショックの何倍もの愛情をかける
…そう言ってみえたのは何だったのか。

驚いて声も出なかった私たちに、トレーナーさんが話かけて
くださいましたが、何を話したのかまったく覚えていません。
そして二言三言話をしたトレーナーさんは、また小次郎の方に
向かって歩いていかれました。

トレーナーさんの顔を見て、軽く尻尾を振った小次郎を見て、
「尻尾を振りましたね」と言うと同時に、今度は小次郎の腰を
めがけて二度三度、さっきと同じように怒声を浴びせながら、
ペットシーツの塊を思い切り投げつけたのです。

心臓がバクバクしました。手の震えも止まりませんでした。
私たち家族は呆然と立ち尽くしていました。小次郎の体は
大丈夫だろうか。こんなことをされるなんて、こんなことになる
なんて…私はうろたえていました。

ケージの中でブルブル震えている小次郎。見ている私は
泣きたいくらい辛いのに、「やめてください」とも言わずに、
その場に立ち尽くし…思い出す度に、自分の弱さ、不甲斐なさ、
残忍さに胸が苦しくなるのです。

140210-2.jpg
おいら、まだ子どもだから、ちょっといたずらしちゃっただけなんだウ・・ ウン(・_・;)
母ちゃん、何で助けてくれないの。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

コメント

非公開コメント

う~~~~

なんか、悔しいし、悲しいし、本当に切ない。
コジ君、ママさんたちも悲しかったね。辛かったね。
う~~~~!ちくしょ~!

それにしても、そんなに時間が経過してから怒られたって
何に怒られてるかもわからなかったでしょうね、コジ君。
この人がしつけをしてる他のワンちゃんたちもそんな目に合ってるのかな。。。
それでもいいって思えるのかな。そこがわからない。
コジママ、書くの辛いのに、教えてくれてありがとうございます。

Re: う~~~~

こなつちゃんのママ♪

> なんか、悔しいし、悲しいし、本当に切ない。
> コジ君、ママさんたちも悲しかったね。辛かったね。
> う~~~~!ちくしょ~!

こんなことになったのに、それでも○田流を信じて、自分たちが悪いんだ、
指導通りにやればこんな事にならなかった、小次郎を苦しめてるのは自分たち
だって思って、○田流から離れられなかったことが何より悔やまれます。

> それにしても、そんなに時間が経過してから怒られたって
> 何に怒られてるかもわからなかったでしょうね、コジ君。

そうですよね。訳もなくそんな事をされて…でも、トレーナーさんから、
それもこれも私たちが指導通りに出来ないから、私たちのために自分は
やりたくもない攻撃を小次郎にしたのだと後から言われましたΣ【*゚д゚*】

> この人がしつけをしてる他のワンちゃんたちもそんな目に合ってるのかな。。。
> それでもいいって思えるのかな。そこがわからない。

きっと預託されているワンコさんは、小次郎と同じ目にあっていると
思います。私は100パーセントそうだと思っています。
でも、預託している人は、自分の犬がそんな目に合っているとは夢にも
思ってないのではないかと……。少なくとも、私はそうでした。゚(゚*´Д⊂グスン

> コジママ、書くの辛いのに、教えてくれてありがとうございます。

愛情、やさしい、簡単…そんな言葉を入り口に置いて、中に入ったら
実際は虐待とも言えるしつけ法がまかり通ることに「NO!」をつき
つけたい。微力ですが、発信していきます!
でもね…書いてるとその時のコジの顔が浮かんできて、涙が出てきて
しまうのです☆*:;;:*★ゴメンッ(。>д<)人ュルシテ★*:;;:*☆

No title

マメタ母ちゃん、マメタちゃんやご家族、小次郎君辛かったですねぇ。
読んでいても震えてきました><
辛くなってきました。
マメタ母ちゃん達の為にやりたくもない事を小次郎君にした。
と言った○田トレーナー。嘘ばっかり!!
自分が躾けた仔がはじけたから悔しかったんじゃないですか。
うちに○田トレーナーが来られて時もご自分の犬を大事そうに抱っこ紐に入れて抱っこしながら。。。うちのルビーに電気ショック流したんですよ。
私は、何されたのか分けが分からない位同様しました。
心臓がバクバクして、体中が震えました。
奥さん、犬を抱っこされている所でそんな事して、ご自分の犬がそれを見てるんだから、自分の犬にも虐待してるのと同じだと私は思います。
トレーナーと言う名を借りて、犬を苦しめ自分の感情で虐待する。酷すぎます。
人間として、心情を疑ってしまいます。

マメタ母ちゃん、私もですが
多額のお金をかけてこのトレーナーを信じて訓練してしまった事は、忘れられないくらい辛かったけど、お互いに早く○田トレーナーから離れて良かったですよね。
同じように苦しんでる人も、??って思ってる人にも
こんなやり方は、間違っていると気づいて欲しいですよね。
やっぱり、トレーニングは、飼い主もワンコも笑顔になるトレーニングでなければいけませんよねぇ♪

Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

> マメタ母ちゃん達の為にやりたくもない事を小次郎君にした。

指導したように出来ない私たちに苛立ってみえたんだと思います。
そして、ルビーちゃんのママがおっしゃるように、自分が躾けた仔が
はじけたから悔しかったというのもあったと思います。それを認めたく
ないから、すべて私たちのせいにしたのではないかと。

凄く穏やかに優しい口調で話してみえたかと思ったら、恐ろしい形相で
攻撃されて、何が起こったのか訳が分かりませんでした。

電気ショックの首輪は想像しただけで吐き気がします。

> 心臓がバクバクして、体中が震えました。

そのときの気持ち、本当によく分かります。気が動転して頭が働かないような
状態になってしまいますよね。

> トレーナーと言う名を借りて、犬を苦しめ自分の感情で虐待する。酷すぎます。
> 人間として、心情を疑ってしまいます。

トレーナーとしての技術はもってみえると思いますが、人として
どうなんだろう……。

長女が、〇田流って一体何やったんやろ?って笑うんです。
今になって思えば、〇田流で上手くいかなかったことで、小次郎にとっても
私たちにとっても幸せな道を選ぶことができました(#^.^#)

私たちは、小次郎の犬としての満たされた生活を奪ってしまうところでした。
でも小次郎が教えてくれたんです。おいら犬だから、犬らしく生活したい、それが
おいらの幸せなんだって。

私たちが奪ってしまった小次郎の笑顔をいつか取り戻せるように、
毎日楽しく顔晴ってます♪

ルビーちゃんの耳、スティッチみたいでカワイイですね(*^_^*)

いつも応援ありがとうございますm(__)m
また寒くなりましたが、風邪などひかれませんように♪