後戻りは出来ない

140209_202302.jpg

トレーナーさんはケージに近づき、尻尾を振らなくなった小次郎を
扉を開けて呼び寄せて、よしよしと“受け止め”をされました。

受け止めとは“よしよし”の声掛けと共に犬の頭や身体を毛並に
沿って撫でることです。小次郎は身体を小さくして耳を倒し、
吸い寄せられるようにトレーナーさんに近づき、撫でてもらっていました。

怯えて身体を小さくし、媚びるようにトレーナーさんに近づいて
いった小次郎を見て、その時の私は、こんなことをされても小次郎は
トレーナーさんの事が大好きなんだ、それは根底に愛情があるから、
それだけ信頼関係が出来ているからなんだと思いました。

小次郎は訓練所に居るときにも2回ほど、このようないたずらを
していた事があったと言われ、その時もこんな酷いことをされた
のだろうかと胸が痛みました。

まず私が小次郎との関係をきちんと作らなければならない。
だからトレーナーさんから受けた指導を、まず私がするように。
そして次に主人、子ども達が……。
ネックは私であると言われました。

5人もの人間がそんなことを小次郎にしたら、いくら何でも
小次郎の心も体も壊れてしまう。心の中でそうつぶやきましたが、
言葉にはなりませんでした。

トレーナーさんと奥様は、長い間、しつけ育成をしているが、
こんなに早く崩れたのは初めてだとおっしゃいました。

そしてその日、また小次郎を吊り上げる指導を受けました。
吊り上げて小さく円を描くように時計と反対回りに回して暫く
止めて、ゆっくり下に降ろす。

そして左手をあごに添えて、右手は軽くおにぎりを握るとき
のような形にして小次郎の目の辺りから後頭部にかけて
「よしよしよし」の声掛けと共に撫でる。

数歩下がり小次郎が吸い寄せられるように付いて来たら
また同じように撫でる。それを何度か繰り返し、嫌がらずに
撫でさせて吸い寄せられるように付いて来たら本質が切れた
ことになるので、それを成功させるようにとの事でした。

トレーナーさんの上の娘さんも一時期トレーナー業をして
いたそうで、身体の小さい娘さんは大型犬を吊り上げする
のに背中に背負っていたとか、奥様もその方法でしつけ
育成をしているというお話をお聞きしました。

犬にやさしい、愛情が基本、大きな愛情で包む 等々の
しつけ育成が、吊り上げて回す、ペットシーツを何度も
ぶつけるということなのか?と〇田流のしつけ育成が
私の思っていたものと違うのではないかと感じましたが、
もう後戻りは出来ないという気持ちがありました。

小次郎は支配性が強く、神経質でどんなこともストレスに
感じるタイプである。散歩に行くこともストレスに感じるくらい
である。下手なことをしていると“窮鼠猫を咬む”という事態に
なるので注意するようにとのことでした。

ペットシーツをぶつけたり、小次郎をチョークチェーンで吊り
上げたり…私たち家族に出来るようなことではないという
気持ちと、でもそれをしなければとんでもないことになって
しまうという恐怖心に押し潰されそうでした。

IMG00924.jpg
おいら、母ちゃん達のこと、支配しようなんて思ってないよ(-.-)p”ブーブー
確かにビビリーで神経質だけどさ(;^_^A  もっと目の前のおいらをしっかり見てよ( ┰_┰) シクシク

コメント

非公開コメント

No title

以前に数回通った訓練所でね。
シェパの成犬を、トレーナーが馬乗りになって殴りつけているのを見たんです。
犬は悲鳴をあげていて、それを見て「永遠に同じことしたら、私が殴り返すからっ!!」と思ったのをきっかけに通わなくなりました。


コジくんのために、穏やかに暮らすために、それでも必死にトレーナーを信じようとしていた母ちゃんの気持ちよくわかるよ。
それだけ追い詰められてたんですよね。
私はずっと永遠と1対1で向き合っていたから、ほんとに孤独だったなー。

書くのが辛い記憶でしょうに、こうして記事にして発信されていること、とても素晴らしいと思います。

いっそ本にして出版しちゃったりして!?(・∀・)

No title

小次郎君、嬉しそうにペロペロしてますねぇ。側にいられるのは、マメタちゃんかな?
幸せそうです♪

読んでいてルビーとの事と重なって、泣けてきました。
みんな、ご家族辛かったですね。
マメタ母ちゃんが心で感じてた事、○田トレーナーに言葉に出して言えなかった気持、凄く良く分かりますよぉ。
私もそうでしたから。
何でだろう?
辛かったけど、心を鬼にしてここを乗り越えれば
穏やかなルビーを取り戻せる。
って思いました。
そして、これは酷すぎる!
ちょっと、違うのではないか?と思っても。。。
身体が硬直して、ドキドキして言葉が出ませんでした。
マメタ母ちゃん、大丈夫です^^V
うちのルビーも1日で○田流が崩れましたから(笑
それに、前に○田さんのブログにコメント記入出来た時期に、ワンコが崩れて、○田さんが来て下さったとの御礼のコメントがありましたから。
みんな、一緒に崩れてますから、小次郎君だけじゃないよ^^
ほんと、基本は愛情だとか信頼関係どか言っていますが、犬の心を苦しめ、犬らしさを奪ってしまう怖い訓練法だと感じました。
本質が落ちたというより生気がなくなったと言えると思います。
こんなに犬を絞めなくても、穏やかでいれる方法があります。
犬だって飼い主さんと生活してれば、単語は理解出来るし、穏やかな言葉かけは、ずべて理解出来てると思います。
うちのルビーとすももも、お散歩ですれ違う人が「おりこうね~」「可愛いわねぇ」って言ってくださると嬉しそうなお顔で尻尾振ります。

小次郎君、ずっと応援してるよぉ(^^V


Re: No title

ナナセちゃん♪

人間だって、馬乗りで殴りつけられたら怖いし~~~~~(ノ≧ρ≦)ノいやじゃぁぁぁぁ
って思うよね。悲鳴をあげてても犬だからいいっていうトレーナーさんが多いんじゃ
ないかって思うんだ。それが種の違う犬への分かりやすい方法だと……。

〇田流で、心の中でごめん、許してって手を合わせながら悲鳴をあげるコジのことを
吊り上げてたときに、トレーナーさんから「マメタ母さん、ごめん、許してって思い
ながら吊り上げてませんか?そんな気持ちではダメです。成功なんてしませんよ」
って言われたんだ。

凄く辛くて苦しいのに、それがコジのためなんだって……心を鬼にして吊り上げて、
段々自分が精神的に追い込まれてしまって、ノイローゼの一歩手前だったと思う。

>私はずっと永遠と1対1で向き合っていたから、ほんとに孤独だったなー。

孤独もしんどかったんじゃない? やっぱり、お仲間の存在は有り難いよね。
みなさんのブログから、勉強させてもらうこといっぱいあるもんね。

ナナセちゃんは、たうちゃんと暮らしてたから、感覚が研ぎ澄まされてる
って、ナナセちゃんのブログ読んでて感じるよ(#^.^#)

本(  ゜ ▽ ゜ ;) この文章力ではちょっと(;^_^A アセアセ・・・

Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

マメタにべったりされて、それがイヤo((>ω<o))((o>ω<))oイヤで舌ペロの
小次郎です(*^m^*)
ベタベタ触られたり、抱きつかれるのは嫌いなんですよ。それが可愛くもあり
ちょっと寂しくもあり(#^.^#)

> 何でだろう?
> 辛かったけど、心を鬼にしてここを乗り越えれば
> 穏やかなルビーを取り戻せる。
> って思いました。

もう本当にその通りです。辛くてもここを乗り越えれば、幸せな暮らしが
待っている。毎日穏やかに楽しく暮らせるって思ってました。
思い出すのも辛いのですが、吊り上げられてギャンギャン鳴くコジの声を
聞くのが辛くて、マメタは耳を両手で塞いでいました。

本質を切るって、吊り上げて回すことで本質が切れるとは思えないのです。
だから、ルビーちゃんのママが言われるように、歯向かえないような
精神状態にする、生気を失くさせて、人が犬を支配する状態にすること
なんじゃないのかなあと思います。

一日も早く吊り上げを成功させなければとんども無いことになるって言われましたが、
結局私には出来ませんでした。失敗に終わりましたが、その時よりも今の方がうんとうんと
幸せです。小次郎も穏やかな顔をしています。

私も、穏やかな言葉かけは、ずべて理解出来てるように思いますよd(^-^)!

> 小次郎君、ずっと応援してるよぉ(^^V

いつも応援ありがとうございますm(__)m 
これからも(・o・)ヨ(・д・)ロ(・ェ・)シ(・ε・)クです♪