犬が怖い

IMG00917_convert_20140309230330.jpg
小次郎はトレーナーさんが帰られてからも、ずっと震えて
いました。眠るときも身体を横に出来ず、座ったままで
居眠りをしていました。それだけ私たち家族に対して
不信感を抱いていたのだと思います。

トレーナーさんからは、そのとき撮影したビデオは、自分に
著作権があるから他には公表したりしないようにと言われましたが、
虐待の証拠、いえ○田流しつけ法の真の姿を公表されては困る
という事だったのではないかと思います。

暗くどんよりした空気が家の中に漂っていました。
明日起きていったときに小次郎がベッドにいたずらをしていたら、
まず私が小次郎にペットシーツをぶつけなくてはならない…。
出来ないなんて甘えたことは言ってられない!そう自分に
言い聞かせ、暗く沈んだ気持ちを奮い立たせようとしていました。

その日の夜中、目が覚めました。目が覚めたら涙が溢れてきた
のか、涙で目が覚めたのか、自分でもよく覚えていませんが、
なぜだか涙が止まらなくなってしまい、そして夕べの出来事を
思い出すと胸がドキドキして、朝まで眠れませんでした。

普段の私は…とにかくよく寝るし眠りが深いタイプです。布団に
入ったまでしか記憶がなく、夜中に目が覚めるなんてことは、
病気のときくらいです。隣の家に救急車が来たことも知らない
ようなお気楽人間で、仕事で夜中になることがある娘の帰宅も
知らないことが殆どなのです。

私はドキドキしながら起きて行き、リビングのドアを開けました。
その日の朝はベッドへのいたずらもなく、ホッとしましたが、
とても暗い気持ちを抱えての1日の始まりでした。

仕事中も小次郎のことを思うと涙が出てきました。どうして、
こんな事になってしまったんだろう。きっと私が悪いんだ。私が
きちんとトレーナーさんの指導を理解出来ず、指導されたように
出来なかったから小次郎がこんなことになったのだと……。

家に帰るのが憂鬱で、帰りたくありませんでした。玄関を開けるのも、
リビングのドアを開けるのも怖く、玄関に入ったものの、座り込んで
泣いてしまいました。落ち着け落ち着けと自分に言い聞かせて深呼吸を
しましたが、リビングにいる小次郎の様子を見ることも出来ず、
逃げるように2階に上がりました。

あんなに大好きだった小次郎、どんな犬も大好きでかわいいと
思う私なのに、その日の散歩や帰り道で出会った犬のことも、
そして小次郎のこともかわいいと思うことが出来ず、“怖い”
と感じるようになっていました。

130609_202812.jpg
母ちゃん、おいらのこと好きじゃなくなったのか?
前みたいに元気で明るい母ちゃんに戻っておくれよ(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。

マメタ母ちゃんが撮影されたビデオ、公表しないようにとの事は、○田流の本当の姿を世間に知れたら、自分を頼ってくる飼い主さんはいなくなる。
それに、動物愛護法にひっかかってしまう。と思われたからだと私も思います。
マメタ母ちゃんも小次郎君も辛かったね(;_;)
ルビーも○田トレーナに会ってから、似たような男の人見ると警戒していました。
そして。。。
たまたま、横切った○田トレーナーに似た感じの人に「うぅ~」って飛びついて、洋服切れて誤りに行った事ありました。
この事は、すべて飼い主である私の責任です。
管理出来なかった、私がいけなかったのですが
人間に対して警戒心のなかったルビーの行動にショックでした。
今はルビーは、アーモンドのような穏やかな目をしていますが、○田流を実践してる時は、ノイローゼの犬みたいでした。
そして、目はつり上がり常に周りを気にしていました。そんなルビーを見て、私もノイローゼの一歩手前でした。
苦しくって切なくってやり場のない生活でした。」
このまま、ルビーはどうなってしまうのか?
明るかった頃のルビーに戻ってくれるのか?
いつも、その事ばかり考えていました。
だから、マメタ母ちゃんの気持、痛いほど分かります。
辛かった分、小次郎君、絶対に幸せになれるよ。
今は、同じ方向を向いたお仲間さんと先生が側にいらっしゃるから、マメタ母ちゃんも幸せですね^^V
マメタちゃんも動物看護士さん目指して、頑張っていらっしゃるもの^^

いつも、書きたい事、書かせてもらって感謝~です。

初めまして

初めまして。ぺこちゃんちの母さんが、FBでシェアされてて、以前から読ませて頂いております。柴犬ごう5歳と二匹の猫の飼い主です。実は打つうちのごうも、パピーの頃、獣医さんから「柴犬ですか、、、難しく飼育放棄が多いですよ、、、」ど暗い顔で言われ、病院主催のパピー教室に通いました。すると、トレーナーさんから、この子は相当気性が荒く、噛みつき犬になるかもしれない。しっかりトレーニングをしましょう。と、いわれ、同じように首根っこを掴み、泣き叫びオシッコをちびってるごうを、鬼の形相でつかみ上げ続けました。「噛みつき犬にしたくないです。飼育放棄なんていやだ。」といういっしんでした。今、思い出しても胸が潰れそうです。お互いに危ない道を進みかけたけど、心の奥の「何か違う」という声に気づけて良かったですよね。「私は社会化のドッグトレーナー」に出会えて良かったですよね。良かった。ホントに良かった。

Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

愛情を謳い文句にしているトレーナーさんのしつけ法の実態が世間に
知れ渡れば、色々な意味で困ることになりますよね。
動物愛護法にもひっかかる可能性はあると思いますし、そういった事も
問題になれば、トレーナー業に支障をきたすことになり、死活問題に
までなってくるかもしれません。

小次郎の場合、まだ幼くて自信のない時期にトレーナーさんに対して、
全く歯向かえない怖い存在であることを刷り込まれたから、いつも媚びる
ように身体を小さくして尻尾をピロピロ振っていましたが、ルビーちゃんの
場合はある程度、犬としての自信があったんでしょうね。

だから、人に対して警戒心を持つようになってしまった…そんなルビーちゃんを
見ているのは辛かったですよね。とっても良く分かります。

犬だって吊り上げられたり、引っ張られたり、大きなものをぶつけられたり
したらイヤo((>ω<o))((o>ω<))oイヤに決まっています。ましてや、逃げ場の
ないケージの中で…それを実践してしまった自分が本当に情けなく、悲しいです。

犬も人も、そのときの心情が顔に出ますよね。

> このまま、ルビーはどうなってしまうのか?
> 明るかった頃のルビーに戻ってくれるのか?
> いつも、その事ばかり考えていました。

ルビーちゃんとすももちゃんのママも辛かったですね。

> 今は、同じ方向を向いたお仲間さんと先生が側にいらっしゃるから、マメタ母ちゃんも幸せですね^^V

皆さん凄く一生懸命学んでコツコツ頑張ってみえて、見習わなきゃって思っています。
そして、それを見守りながら指導してくださるチャーリーママさんにも頭が下がります。
有言実行です。入口も中身も同じです♪

> マメタちゃんも動物看護士さん目指して、頑張っていらっしゃるもの^^

マメタが動物看護士として、悩んで見える飼い主さんの支えになってくれたら
(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!と思っています。

> いつも、書きたい事、書かせてもらって感謝~です。

私の方こそ、〇田流を経験されたからこそ分かっていただけると(^人^)感謝♪しています。
♪ありがとうございます (v^-^v)♪

Re: 初めまして

ごう君のお母さん♪

初めましてです。
珀君のママからごう君のお母さんの事はお聞きしていて、度々ブログを
読み逃げしてました。すみませんm(__)m

首根っこを掴んで心を鬼にして…本当はしたくないのに、噛み付き犬にしたくない、
飼育放棄なんて嫌だという気持ち、全く同じです。その一心で真面目に間違って
しまったんです。私、ブログを書きながら泣いてしまう時があります(* v v)。ハズカシ

〇田流しかしつけられないと思っていたあの頃…どうしてそんな風に思い込んで
しまったのか不思議ですが、その時はそう思ってました。

今、こんなにも小次郎が愛しくて可愛くて、一緒にお散歩に行けること、一緒に
買い物に出かけられること、側で眠ってくれること、何もかもが幸せに思えます。

強制訓練は、犬の心も飼い主の心も傷つけます。ずっと心の傷として残ります。
それは間違っているって発信したいです。本当に辛かったけど、だから今がある
のかもしれませんね。そういう意味では(^人^)感謝♪です。

No title

マメタ母ちゃん、そうですよ、そうですよ!犬だって
人間と同じ感情があるんだもの。
○田トレーナーは、犬には怒られてる事、誉められてる事は分からないとおしゃってました。
いえ、怒られてる事も誉められてる事も分かりますよねぇ。
特に優しい声、誉め言葉は絶対犬は落ち着きますよねぇ。
優しいお顔になりますよね。
逃げ場のないゲージの中に小次郎君に向かって100枚入りのシートを何度も投げつけるなんて、最低の人間がする事だと思います。
酷いトレーナーや訓練士には、気をつけろなんて私に言いましたが、それは全部ご自分の事ですか?って言いたいです。
マメタ母ちゃん、記事書くのも思い出して辛いですね。
少しでも多くの飼い主さんトレーナーに間違った躾法、暴力や押さえつけではいけないという事、思いが届いて欲しいですね。

No title

マメタ母ちゃん、書き方悪くてごめんなさいm(_)m
逃げ場のない小次郎君にペットシートの塊を投げつけるように指導して、飼い主さんの前で残酷な事をする。酷すぎます。最低です!っていう事を訴えたかったんです。

確かにそうです^^
ルビーは、犬として自信満々の仔でした。
もともと、猟犬ですから尻尾は、ピ~ンと立ってフリフリ~嬉しそうに振っていました。
だから、○田トレーナーは、ルビーの自信を落とさせるために電気ショックの首輪を進めてきたんだと思います。
私は、「そんな物犬にスゴイ衝撃がいくんじゃないですか?」って質問しました。
でも、○田トレーナーは、「接骨院での電気治療みたいな物だ」とおしゃいました。
「みんな、これで成功してるんです。上手くいったって喜ばれています」とも言われました。
まるで悪徳商工の世界です><
私は、なんか催眠術にかかったようにそれを買ってしまいました。
かなり高額です><
でも、電源を入れる事は、出来ませんでした。
電源を入れずつけとくだけでした。
○田トレーナーは「朝起きたら付ける。寝る時だけ外す」と言われたした。
それを日中は、けして外してはいけないと言われました。
ルビーは、元気がなくなりとぼとぼとしか歩かなくなりました。
私は、毎日夢でうなされて。。。
誰かに胃の辺りを締め付けられるように苦しくなりました。
でも、後で分かった事ですが、取り付けてるだけで少量の電流は流れるみたいです。
私は、馬鹿で酷い飼い主です。
その時は、○田トレーナーを信じてしまったから。
半分は、このトレーナーって何なんだって思いましたが。
金属でルビーの首に傷がつきました。
それを見つけた時に目が覚めました。
私は、なんて酷い事してしまったんだろう。
暫く立ち上がることが出来ませんでした。
当然、獣医さんには怒鳴られ治療に通いました。
でも、ルビーと一緒に立ち直らなければ。と思って
トレーナーを探し、直接会ってお話して周りのスタッフの方達の事、犬に対するお考えが口だけではないか?どうかって会っていきました。
チャリーママさんのお考えも共感して勉強させて頂いてます^^
今は、明るいルビーに戻ってくれました。
犬嫌いは、まだ私と一緒に克服勉強中~です
でも、大分犬を見てもスルー出来るようになってきたんですよ~^^v

マメタ母ちゃん、電気ショックの首輪の話書いてごめんなさい。
衝撃ですよねぇ。

Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

> マメタ母ちゃん、書き方悪くてごめんなさいm(_)m
> 逃げ場のない小次郎君にペットシートの塊を投げつけるように指導して、飼い主さんの前で残酷な事をする。酷すぎます。最低です!っていう事を訴えたかったんです。

そういう意味で書いてくださっているって思っていましたよ(*^_^*)
そんなに気を遣わないでくださいd(^-^)ネ!

電気ショックの首輪のこと、「接骨院での電気治療みたいな物だ」ってプロの
トレーナーさんに言われると、そうなんだって思いますよね。「みんなこれで
成功している。上手くいったって喜ばれている」…同じような事を言われました。

チョークチェーンでの締め付けやリードショックについて、〇田さんは、犬の
首はすごく鈍感な場所である。だから親犬は子犬の首のところを咥えて運ぶのだ。
チョークチェーンでショックをかけても痛くもかゆくもないと言われました。

でも、色々調べたら決して鈍感な場所ではなく、リードショックで健康面に支障を
きたすような事例もあることが分かりました。しつけ育成に関しても、度々、みんな
成功している、喜ばれていると言ってみえたのを覚えています。ルビーちゃんと
すももちゃんのママのお話しを併せて考えると、何か“はったり”なんじゃない
かなあと思います。

冷静になって考えれば、おかしい事なのに不思議と信じてしまって……。

それに、何かにつけて高額です。不思議なものである程度の額ならば、それ程
粗悪ではないだろうと思ってしまうんですよね。お支払いする交通費ひとつとって
考えても、??と思うところがあります。必ずと言ってよい程、近いところ何か所か
まとめておみえになるのですが、どのご家庭にも交通費を満額請求されるのです。

トレーニング料金も高額ですが、交通費でも儲けてみえます。

> 金属でルビーの首に傷がつきました。
> それを見つけた時に目が覚めました。

〇田さんの言葉を信じてしまったのは仕方のないことだと思います。本当に
巧妙ですから。それでも、その傷を見たときに目が覚めて良かったです。

仕方のないことだと思うけれど、やっぱり自分に責任があるって思う気持ちは
なくならない……。

〇田流のように、看板に偽りありを経験すると、犬に対する考えが口だけではないか?
って思うようになりますね。

> チャリーママさんのお考えも共感して勉強させて頂いてます^^

私もまだまだ勉強不足なんですが、それでもコジとの関係が日に日に修復
されていくのを実感しています。本当にチャーリーママさんに出会えて良かった
と思っています。

明るいルビーちゃんに戻ってくれて良かった(*'')(*,,)(''*)(,,*)ウンウン
コツコツ取り組んでいると、気づいたら出来ることが増えていますよね。
そういう事って、とっても(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!

電気ショックの首輪…私も使うように言われました。そこで目が覚めて、
〇田流から離れました。私はその前に散々コジに酷い事をしていたから、
精神的にいっぱいいっぱいだったのです。その上電気ショックの首輪?
もう(ノ≧ロ)ノ<嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌って思ったのです。

だからルビーちゃんとすももちゃんのママの気持ち、よく分かるのです(ノд・。) グスン