FC2ブログ

たまごさん (^^♪

小次郎ブログにお越しいただきありがとうございます。


去年から、Instagramを始めました。

とても簡単に写真をアップする事が出来、またサラッとした繋がり具合が私的には気楽で好きです。


ツイッター…アカウントを作ったのは5年前ですが、どうにも使い方がよく分からなくて、呟くことも他の方の呟きを見ることも殆どありませんでした。


年明けくらいから、少し呟くようになり、Instagramとはまた違う世界を感じています。



本音を言うと、たまに個人攻撃のような遣り取りを目の当たりにする事があり、また立場のある方の発言として首を傾げることもあったりと、少し考えてしまう事もあります。




が!それを超える〝学び”や感動もあるように思っています。


そんな中、心にㇲッと染み入ったつぶやきが…。

若いトレーナーさんだと思います。

ご本人には承諾を得てあります。

〝君”とは噛み∪・ω・∪とレッテルを貼られた犬のこと。

何だか…上手く言葉に出来ないのだけれど、じわじわ、ポロポロと涙がこぼれました。誰ですか、鬼の目に涙なんて言うのは( *´艸`)



たまご。さんの犬と飼い主さんに対する優しさに胸を打たれました。



小次郎と暮らすようになって、世の中には本当に色んな状況に置かれている犬猫が居ることを改めて知りました。

そして〝噛む”ことで困っている犬とその飼い主さんが沢山居ることも。


そんなペアーに届いて欲しい…こんなに一生懸命学びながら救いの手を差し伸べてくれている若者がいるという事。

若いって本当に素晴らしいと思うんです。

凄く柔軟だし、変な癖がついてないって言うのかな…しみついてしまってないから、修正もすっと出来るし新しい事をどんどん自分のものに出来ると思うのです。

私なんて、分かっちゃいるけど止められない♪じゃないけど、その行動がしみついてしまっていて「あっ!またやってしまった!!」という事が物凄く多いです。

頭で分かっていても、体が今までのしみついた行動をしてしまう…そんな感じです。

「小次郎のような恐ろしい犬を保健所行きにしないためには、なんとしてでもチョークチェーンでの吊り上げ成功させて、主従関係を確立しなければならない!もうタイムリミットがそこまできている!」 と言われて、泣きながら吊り上げたこと。可愛がるために迎えた犬なのに。


怖くて震えて、辛くて苦しくて悲しくて…でも、それは小次郎も同じだったと思うのです。いいえ、小次郎はもっと怖かったはずです。


日本が、こんな素敵なトレーナーさん達で溢れる国になりますように。


ねっ! 小次郎🖤



そだねー    by小次郎




コメント

非公開コメント

No title

私も
もう歳でワンコと暮らせないと分かった時点で
反省することいっぱい出てきた
今度という機会がないので
反省して終わりになるのが残念(-_-;)

No title

仔犬が「噛む」のは、コミュニケーションの道具の一つですよね。それを理解せず、適切なしつけ方法を知らずに、「お困りワンコ」にしていたのは、自分自身でした。これ、ジェシカの事です。ジェシカは、家族しか噛みませんでした。犬種特性かと思いきや、必ずしもそうではない様で。v-12

↑のbabaちゃまのコメントに反応して、すみませんが。v-436

年を取ったから、独り暮らしだから、犬を飼うのは非常識、という風潮、おかしいと思います。老人の一人暮らしだからこそ、ワンコのパートナーを必要とするのです。私も、キャロリンを迎えたことで、非難する人がいました。ブログつながりの人ですが。

No title

私はわんこに噛まれた覚えがありません
おやつと一緒に指までパクッは
噛まれたことにいれません

このトレーナーさん いいですね
セブンはトレーニングがきつくなると
私の所に逃げ帰ってきてました

ふう太とセブンが
わがやの最後にするつもりです

私 中学生の頃
父のおつかいで訪れたお家のわんこに
左腿を噛み付かれ 5針縫合・・・(;一_一)
(それも飼い主さんが側に居ながら(≧▽≦))
 
その時に漠然と感じたのは
わんこは家族の愛情感じていないし
信頼もしていないのでは・・・?

幸いなことにそれでもわんこ嫌いにはならず(*^▽^*)

小次郎君もマメタ母ちゃんも
心繋ぐために試練乗り越えての 今なのですね♥
小次郎君 マメタ母ちゃんに出会えて良かったね~♪

そして・・・
こんな素敵なトレ-ナ-さん♪
たくさん増えて欲しいですね☆

No title

ブログのお友達が…ワンコは飼っていません
飼い主…近所のおじさんだそうです…とお散歩できてはしゃぐ愛犬を棒でピシャリと叩いてお座りさせた、その様子を見てしまい相当ショックを受けたそうです
トレーナーさん事ではのではありませんが
飼い主自身がなだそんな風にして躾をされているのかと、驚きというか、悲しみというか複雑な気持ちになりました

トレーナーのたまごさんみたいな方がいっぱい増えて
ワンコ達が悲しい思いや辛い思いをしない世の中になって欲しいですね

Re: No title

私も反省する事ばっかりです(^^;
でも…間違いに気付けたことが、とても
良かったと思うようにしています。

babaちゃまは、色んな事に対して
天性のものを持ってみえると私は
思いますよ(^^♪

Re: No title

ジェシカちゃんのmama♪

ネットの情報に振り回されて、目の前に
いる犬をきちんと見ずに、そして理解せずに
とんでもない〝しつけ”をしてしまった事は
一生忘れません。

>年を取ったから、独り暮らしだから、犬を飼うのは非常識、という風潮、おかしいと思います。

非常識…うーん、どうして?
確かに自分が歳をとり、体力的に犬の介護をと考ると
不安を持たれる方もあると思いますが、非常識だとか
非難するというのは、ちょっと違うかなと思います。

独り暮らしの心強いパートナーですよね♥

Re: No title

ふう太君 セブン君 くん子母さまのパパさん♪

おやつと一緒に指までパクッ♪ラブちゃんなら
ありますよね(*^m^*)
そんな所もほんとに可愛い♥

このトレーナーさん、素敵ですよね。
犬にやさしいトレーニングを提唱する方の
中には、犬を想うがあまり人に手厳しい方が
あるように感じています。

でもね、犬にやさしいトレーニングを
求めてみえる方は、やっぱり犬を想う気持ちが
あるんだと思うのです。もしかしたら、私の
ように真面目に間違っているのでは?と思うのです。

真面目に間違う飼い主の後ろには、そんな
飼い主に困り、どうすれば良いのか分からなく
なってしまっている犬がいる…私はそう思うのです。

だから飼い主のことも優しく見守り指導して
欲しいなあと思っていた時に出会ったつぶやきでした。

ツイッターで動画もアップしてみえますが、
とても優しくて穏やかで温かいトレーナーさんだと
思います。

ふう太君とセブン君で最後ですか。
私も…小次郎にもしもの事があった時の自分の
精神状態に自信がないのです。

だから今は、目の前の小次郎との生活を楽しむ
事だけを考えるようにしています。

Re: No title

鍵コメさま♪

少しずつ症状緩和、良かったです。
快食快眠快便はだいじですからね(^^)v
まだまだ頑張ってくださいねp(´∇`)q ファイトォ~♪

Re: タイトルなし

田舎のオードリーさま♪

中学生のときの恐ろしい体験ですね。
トラウマになる子が多いと思いますが、
それでも嫌いにならなかった…レオ君ママは
根っからの犬好きなんだと思います。

飼い主さんのすぐ側で……家族の愛情を
感じずに、信頼もしていないって、何だか
とても寂しいし悲しいです。

辛い時があって…でも今は本当に幸せいっぱいで。
本気で小次郎の里親を探そうと思っていた
んです。手放していたら、今の幸せはなかった。

そう思うと、こんな素敵なトレーナーさんに
出会えれば、犬も飼い主ももっともっと幸せに
暮らせると思うのです。

もっともっと羽ばたいて欲しいと思います(^^)v

Re: No title

年配の方には、まだまだそういう方が
おみえになるように思います。

犬が人を下に見ているとか、人の方が
上だと叩き込まなければなめられるとか。

私ね、小次郎を見ていて思うのです。
犬って、どうしたらおやつを貰えるだろうか…
そればっかり考えてるんじゃないかって(^^;;

上だとか下だとか、そんな事より何より
おやつ!!
食べる事しか考えてないように思うんです。

昔ながらの、おかしな風潮が払拭されて、
もっともっと犬が暮らしやすい世の中に
なったらいいなあと思っています。

そのためには〝たまごさん”のような
若くて柔軟なトレーナーさんがどんどん
増えて欲しいなあと切実に思います。

こんにちは~。

ツイッターよくわからないけれど、たまご。さんのつぶやき、ほんわか心に沁みますね。どんどん、わんこも飼い主さんも幸せにしてくれるトレーナーさんが増えるとよいですね♪
ももを家族に迎えたとき、私が犬にたいして知識が全然なかったから、大変だったなぁ。それ以上に、ももには、ほんとうに嫌な思いをさせちゃったなぁと反省です。犬にとっては正常な行動や防御反応であっても、人にとっては問題行動となることも多いですものね。。。
しつけや行動学の考え方も、その時代によって変わっていくし、一緒に楽しく過ごすにはどうすればよいか、日々勉強ですね~。

Re: こんにちは~。

さとごろうさん♪

コメントありがとうございます。
私は…さとごろうさんに何も言えなくて
言葉が出なくて…ごめんなさいね。

小龍くんはいつも幸せいっぱいのお顔
でした。さとごろうさん家で、もふもふ
仲間に囲まれて、短かったけども
愛情いっぱいで幸せな犬生だったと思います。

それは写真を見れば一目瞭然で、表情に
出るんですよね。

小次郎も…間違ったしつけをしてしまって
いたときと、今では表情が全然違います。
目がね、アーモンド形のとても優しくて
可愛い目になりました。

きっと、みんな一生懸命何とかしようと
必死になって…そんな中で真面目に間違って
しまうんじゃないかと思います。

たかだか犬ではないのです。私たちに
とっては犬は家族なんです。
でも種が違うから、分からない事が沢山
あって、お互いに理解できない事が
生じてしまう。

総てを理解する事は出来ないけれど、
人も犬も穏やかにそして幸せに暮らす
術は必ずあるのではないかと思います。

たまご。さんのようなトレーナーさんを
しっかり応援して、少しでもしんどい思いを
抱えている人と犬が穏やかに暮らせるお手伝い
をする事が出来たらなあと思います。