とうとうマメタが…

140306_225327.jpg

小次郎を吊り上げることも、ペットシーツをぶつけることも
私にとっては苦しく辛く…精神的に少し不安定になり、食事が
喉を通らなくなってきていました。

おなかが空かないのです。眠りも浅く、夜中に何度も目が
覚める…毎日が憂鬱で仕方なく、お散歩も苦痛でした。
リードショックを使うタイミングを常に見計らわなければ
ならないお散歩は楽しくもなんともなく、またリードショックを
警戒して逃げようとする小次郎を見ているのは苦痛以外の
何者でもありませんでした。

“支配性が強い”“500頭か1000頭に一頭いるかいないかの
恐ろしい犬”“吊り上げを早く成功させないととんでもないことに
なる” トレーナーさんの言葉が頭から離れず、あんなに愛し
かった小次郎のことが怖くて仕方なくなってきていました。

家族の前では一生懸命明るく元気に振舞うのですが、どうしても
食事をとることが出来なくて。家族には「後で食べるから先に食べて」
とか「今日、仕事場で○○を貰って帰りがけに食べたからお腹が
空いてない」などと嘘をついていました。

そんな私を娘達はとても気遣っていました。そして、精神的に
追い込まれている私を見かねたマメタは、ベッドにいたずらを
していた小次郎にペットシーツをぶつけたのです。

ちょうど高校入試で学校がお休みの日でした。仕事に
行っていた私にメールが来ていました。見るとマメタから
でした。「コジがベッドにいたずらしとって、私、ペットシーツ
ぶつけた…今、私の膝の上で寝とる。すっごくかわいい」
と膝の上で眠る小次郎の写真が添えられていました。

お昼休みにそのメールを見て、私はトイレに駆け込んで
声を出して泣きました。マメタがどんな気持ちで小次郎に
ペットシーツをぶつけたのか。私には痛いほどその気持ちが
分かったのです。まだ高校生の女の子が、弟のように
可愛がっている小次郎に…きっと泣きながらぶつけたのだと
私には分かりました。苦しんでいる私を見るのが辛くて、
私の代わりに自分が…そう思ってマメタは心を鬼にして
小次郎を攻撃したのです。

辛くて苦しいけれど、この辛さを乗り越えればその先には
小次郎との穏やかで幸せな暮らしが待っている。マメタは
そう信じて泣きながら……。自分の膝の上で寝ている可愛
くて仕方ない小次郎の写真も、酷いことをしてしまった呵責
の念を抱きながら撮ったものであることは容易に想像でき
ました。私が情けなくて不甲斐ないからマメタにそんな事を
させてしまった…私は“ごめんね、マメタ”と何度も何度も
心の中で泣きながら謝っていました。

私が選び信じたしつけ法はこんなにも辛いものだったのか。
でも、幼い小次郎はこの〇田流で育ったようなもの…今、
方向転換することは、小次郎を混乱させ苦しめることに
なるのではないか…もう後戻りは出来ない、私が鬼になら
なければ。これ以上家族を苦しめる訳にはいかない…そう
心の中で呟いていました。

IMG00931.jpg
おいら、何がなんだか分からなくなってきたよ(哀ノД`)゚+.゚゚+.゚
マメタ姉ちゃんも母ちゃんも、何で泣いてるの(ノД`o【。゚.o。ォシェテ。o.゚。】o´Дヽ)

コメント

非公開コメント

No title

あんなにコジくんのために頑張っていたマメタちゃんがシーツをぶつける…。
想像して思わず涙が出ました。
大好きなコジくんにシーツを投げつけるなんてできない、でもこのままじゃ母ちゃんの心がつぶれてしまう…マメタちゃんもギリギリだったんだよね。

でも今、穏やかに暮らせているのは、こんなことがあっても心のどこかで母ちゃんたち家族を信じ続けたコジくんの強さだと思います。
そして、過去を取り返すくらいの深い愛情を注いでいる母ちゃんたちもまた、しっかりした強い心をお持ちだと思うのです。
よく優しさは強さだと言いますよね。
思いやりとか愛情ってそこから生まれると思います。


さぁ!
私はこれから永遠とお出掛けしてきます♪
行先?
もちろん山ですよ(笑)

Re: Re: No title

ナナセちゃん♪

あの時期は、私たち家族にとって物凄く辛くてしんどかった。
私のことを想って……マメタはどれだけ悲しかっただろう、苦しかっただろう…本当に
マメタもギリギリだったと思うんだ。

そんな酷い事をした私たちに、小次郎は一度も咬みつかなかった。
必死になって、私たちが間違ってるって教えてくれた小次郎。私は小次郎に
感謝してもしきれないんだ。

小次郎から与えてもらう幸せに感謝して、その何倍も小次郎に返したいって
思うんだけど…やっぱり与えてもらう方が多いんだ。どうしたら、もっとお返し
出来るんだろうって悩んでしまう(#^.^#)

優しい強さってなかなか奥が深いなあって思うのです。
〝叱らない”って良くない行動にも目をつむることなのかなあ、甘やかして
何でも許してしまうことなのかなあ、なんて思っていた私。

チャーリーママさんが提唱してみえる「叱らない」は、叱らずにノーを伝える、
毅然とした態度でっていうことだよね。
古典的条件付で小次郎との関係が少しずつ修復出来て、やっとそれが
出来るようになってきたかなあ。

山っていいよね。
今日はコジ地方も空気が澄んでいて、山がとっても綺麗に見えてた。
あの、ジャーマンシェパードさんのところ?

また楽しいお話(^人^)オ・ネ・ガ・イしますm(__)m

No title

こんばんは^^

マメタちゃん、辛い心をグッとこらえてこのままじゃあ母ちゃんがダメになってしまう。
そう思ってペットシーツの塊を。。。
辛かったですねぇ。マメタちゃんは、すごく優しくって暖かい娘さんです。
マメタちゃん、辛い事も乗り越えてマメタ母ちゃんと小次郎君と暖かくって幸せな生活を築きあげられました。辛い事を経験したからこそ、飼い主さんとワンちゃんの気持が分かる。暖かい動物看護士さんになられる事でしょうねぇ♪
応援しています(^-^)

小次郎君、ルビーと同じです。
私の動きを見て、ハッとしてました。
リードショックかけなくてはいけないと思うと。。。
お散歩も辛いですよね。
そんな訓練を、一般の飼い主さんに進める○田トレーナーって!本当に酷い!!
愛情一杯の生活とはかけ離れています。
きっと、誰かに文句言われた事もあると私も思います。
それで、○田トレーナーが訓練した犬が元に戻らないように電気ショックの首輪とか進めたり、吊り上げさせたり、ペットシーツの塊を投げさせたり要求してるんでしょうね。
どれだけ海外に行かれたり、本を読まれてもこんな訓練では意味がないと思います。
マメタ母ちゃん、娘さん達が心配されるくらいの精神状態になるなんて。。。
私も同じような精神状態でしたから、すごく分かります。

苦しかったからこそ、今の幸せがどんなに大切か人一倍、マメタ母ちゃんもマメタちゃんも感じられていられますねぇ(^^
チャーリーママさんのブログ見て感じました。
幸せそうなお写真見ましたよぉ^^

マメタかあちゃん、実はルビー、今日入院しました。
血便が出て、嘔吐も。感染症ではないのですが。。。
病原体が腸に入ったみたいです。
今、詳しい検査中です。
ルビー、体調悪いはずなのに私に笑顔見せてきて
甘えてきました。
ルビーって呼ぶと来てくれてました。
元気にふるまってました。
ルビー、辛い事一杯乗り越えてきたんだから、病気にも勝てますよね。
辛いですが、そう信じてルビーを持ってます。

長々とすみませんm(_)m


Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

ルビーちゃんの状態どうですか?
ここのところ、ブログの更新がなかったのもルビーちゃんの
具合が良くなかったからですか。

調子が悪いのにママに笑顔を見せてくれる…本当に健気で愛おしい
ですね。ママのこと大好きだから、辛いときにママに甘えて安心したい
んだと思います。

この時のことは思い出すだけで涙が出てしまうのですが、それを実践
したのは紛れもなく私自身で…どれだけでも「嫌です」「止めます」と
言えた筈なのに、そう言わずに実践する道を選んでしまった。

その時はそれしか道がないと思っていて…背に腹は代えられないという
気持ちだったのですが、どうして拒否しなかったんだろうと、悔やまれて
なりません。

帰って来て5日目のことだったと思います。
その頃、トレーナーさんから「段々お散歩が楽しくなってきたでしょう?」
と言われたのですが、私には苦痛でしかありませんでした。そして小次郎に
とっても……。


> 苦しかったからこそ、今の幸せがどんなに大切か人一倍、マメタ母ちゃんもマメタちゃんも感じられていられますねぇ(^^

本当にそうなんですよ。もうマメタは朝起きてきたらまずコジにハグ(ちょっと
コジは迷惑そう)、帰って来たらハグ(コジは舌をペロペロストレスサイン^_^;)
それを見てマメタは「ごめん、ごめん 嫌やったな」と謝っていますが、ハグせずには
いられないみたいです。可愛くて仕方ないのです。それだけ今は幸せなんだと思います。

ルビーちゃん、絶対元気になって戻って来てくれますよ。
大好きなママのところに帰りたいから、頑張って病気を治して、また今まで通りの
かわいい笑顔を見せてくれると思います。
早く良くなりますように。

いつも応援ありがとうございますm(__)m

No title

マメタ母ちゃん、優しくって温かいお返事ありがとうございます(^-^)
ルビーは、今朝も病院で吐いたそうです。
先生には、医療チームがあって高度なCTなど他の病院とかとチームを組んで、ワンちゃんや猫ちゃんを助けています。交通事故のワンちゃんを助けるために手術の応援とかに行かれてる先生です。
ルビーは、血糖値が以上に高く、白血球が以上に高いんです。肝機能は正常だったみたいです。
糖尿病になっています。その他の病気からきてないか検査中なんです。
そんなに色々食べてたいんですよぉ。普通のワンちゃん達と同じくらいです。
なんだか、落ち着かなくって。。。
ブログ更新してないです。
話、変わりますが
先日、ルビーが入院する前に
時々河川敷にシェパードの後ろ足を支えてお散歩されてる元訓練士さんがいて。
ルビーがワンワン吠えるんですが、いつもルビーに、優しく声をかけてくださって、その方言われてたけど、訓練所時代に陰で訓練犬を痛めつけてる女の訓練士がいて、そうゆうのがイヤで訓練所を後にしたそうです。
今は、子供達にサッカーを教えていて、ペットホテルと頼まれれば家庭犬の躾とかの相談を受けてるそうなんです。
その方は、お兄さんですが「チョークチェーンで痛めつける訓練は、家庭犬には必要ない。むしろ可哀想だ。」って言われてました。
ルビーの事も凄く優しくあつかってくださってルビーは、安心したみたいでシェーパードの横で最後の方は、足を投げ出して伏せしてました。休めの格好ですね^^
私、警察犬の訓練士と言えどもこんなに飼い主さんの思いを分かってくれる訓練士さんもいるんだって嬉しくなりました。
その方は、足に障害を持ったシェーパードを県外から引き取って、手術をして助けました。
今のルビーのトレーニングのお兄さんも私の話をよく聞いてくださります^^
もちろん、ショックはNG!です。
チャーリーママさんもそうですよねぇ~(^-^)飼い主さんのお話をよく聞いて下さいますねぇ^^そして、適切なアドバイスをくださいますものね。
トレーナーさんは、そうでなきゃねぇ。
飼い主さんの思いを分かってくださる方が一番ですよねぇ。

マメタかあちゃんから、応援のパワー貰ったから
ルビー元気になって戻ってくるよ~。
絶対、戻ってくる^^V

マメタ母ちゃん、ありがとうございます♪
励まして頂いて心が落ち着きました^^

Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

大変なときに、コメントいただいてありがとうございます。
病院が信頼できることはルビーちゃんにもママさんにも安心感がありますね。
それでも心配であることには変わりはないですけど、頑張ってくださいね。

そんな心ある訓練士さんもみえるんですね。
この間、名古屋散トレにも訓練士の方が参加してみえました。
強制訓練ではないトレーニング方法がどんどん提唱されて、それが主流に
なっていけばいいなあと思います。

最近の小次郎は、母ちゃんって本当はそんなに悪い奴じゃないかも♪
みたいなになってきてるんじゃないかって思います。
日に日に聞き分けが良くなってきているような気がします。

ルビーちゃんが早く良くなって、ママさん、すももちゃんと楽しくて
幸せな毎日が送れますように♪
ルビーちゃんとすももちゃんのママ、心配で辛いと思いますが、身体を大事にして
頑張ってくださいね。

No title

マメタ母ちゃん、ありがとうございます。
ルビーは、今日退院してきました。
まだ、本調子ではなく薬を飲んで治療中ですが
元気です^^v
先生も「この仔、病気なのに凄く元気なんだよぉ」って言っておられました^^
先生に懐いて、抱っこされて尻尾ブンブンでしたよぉ。

そうなんですねぇ、お散歩トレーニングに訓練士の方が参加されていらしたんですねぇ。
嬉しい事ですねぇ。
沢山のプロの訓練士さんも参加されて、こうゆうトレーニング法で犬も落ち着けるんだなぁって事を分かってもらえると嬉しいですねぇ^^
小次郎君、日に日に聞き分け良くってお利口さんに成長していって良かったですねぇ^^
小次郎君も今が一番幸せですねぇ♪
ワンコはやっぱり嬉しい時は全身で喜んで、落ち着ける時は落ち着いて、遊ぶ時は楽しく遊んで
飼い主さんの側にいれる事が最高の幸せですね♪

でも、○田さん、「お散歩、楽しくなくなってきたでしょう」ってどうゆう事?って言いたいですよね。
みんな、言ってきてるのかもしれませんね。
そんな、つまらなくって酷い訓練って事ですね!
○田さんに言ってやりたいですよねぇ。
素晴らしいトレーナーに出逢って小次郎君はどんどん良くなってきました。って
ルビーも○田さんから離れて素直で明るくっていい子になりました。って

小次郎君、頑張ってねぇ~^^v
ルビーも頑張るからU^♀^U

Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

ルビーちゃん、退院 おめでとうございます。
まだまだ心配が続くと思いますが、元気なんですね。
良かった~♪

ワンコさんも人間と同じで、体質とか遺伝とかあると思うのです。
もしかしたらルビーちゃんも持って生まれたものなのかもですね。

でもルビーちゃんのママが側に居て愛情いっぱいで包んでくれるから
頑張れると思います。

そのトレーナーさんが、このブログを読んでくださっているそうです。
勇気を出して発信して良かったと思っています。

いつも応援ありがとうございます。
(^人^)感謝♪