落ち込む気持ち

IMG01030_convert_20140326193734.jpg

預託から帰って来たときに、トレーナーさんから言われていた
ことがありました。どんな些細な事も報告するように…例えば
小次郎は僕の所では、一度も吠えたことがないので、もしも
小次郎が吠えるような事があったら、夜中でも何でも構わない
から知らせて欲しいと言われていました。

ペットシーツをぶつける指導を受けた2日後のことでした。
夜、散歩に行こうと外に出たら15メートルほど先の曲がり角
から犬が出てきました。そしてそれを見て小次郎が吠えま
した。そのことをメールで報告したところ、遠くに犬が見えた
のに、あなたたちが何の対処もしないからそんな事になった
のだ。どうせボーっとしていたのだろう。小次郎はロボットじゃ
ないんだ!と、また怒鳴られました。

ロボットじゃないことは百も承知でした。犬を見かけたときの
対処方法は何も指導していただいていませんでした。僕が
躾けた犬は、他の犬には見向きもしないで、飼い主さんだけを
見て歩くと豪語してみえたのはトレーナーさんです。
他の犬と出会って回避が必要ならば、そう言ってもらえれば
そのようにしたでしょう。

最初に言ってみえたことと、話が変わってきているように
思えてなりませんでした。

話を聞いてない、何も分かってないと言われ、具体的に
どのような事ですかとお聞きしましたが、何もかもだと
言われ、私が何か言いかけると、それに被せて一方的に
捲くし立てるように話されるので、何もお話しを聞いて
いただけない状況でした。

あー分かった分かった こんな話を聞いていたらこっちは
仕事にならないと言われ、スカイプ通信を早々に切断された
事もありました。

あんなに腰が低く穏やかで優しくお話をしてくださっていた
トレーナーさんなのに……私が指導通りに出来ないから
怒らせてしまったんだ。一生懸命小次郎を矯正し私たちにも
指導してくださっているのに、本当に申し訳ないと思い、
どんどん気持ちが落ち込んでいきました。

犬を飼うことは、こんなにも苦しくて辛いことなのか。
こんなにも難しいことなのかという気持ちもありました。

昔、私の家で飼っていた犬は、しつけも何もしていなかった
けれど、何の問題もなかった。確かに気立てが良くて、頭も
良い仔だった。お手、おかわり、ねんねに二足歩行、私が
「わん」と言えば「ワン」、「わんわん」と言えば「ワンワン」、
「わんわんわん」「ワンワンワン」 とってもお利口だった。

お散歩もリードなしで、姿が見えなくなった時には口笛を
吹けば戻ってくる仔だった。そんな仔までいかなくても、
家族として楽しく穏やかに暮らせればそれで良かった。

落ち込む気持ちと、後悔する気持ち……私は精神的に
どんどん追い込まれていきました。

写140223-1
母ちゃん、おいらも苦しいよ、悲しいよ(T_T)
おいら、ちょっと押しは強いけど、ビビリーで優しい男なんだぜ(b^ー゚)!!(゚∇^d)~~ ベリーベリーグッドボーイ

コメント

非公開コメント

No title

前回のマメタちゃんの話といい、今回の話といい、
ホント、そこまで追い込むってどういうことなんでしょう。
そうしないとダメだと思わせる支配って軟禁状態にあっても逃げようとしない…っていう話に似ているなと思いました。
犬の訓練でもある、意欲をそぐというか諦めさせる方法。
それ以外の方法はチャレンジしても数回ダメだとそれ以外には方法がないと思いこませる…というあれ。
やる側の意欲をそぎ、諦めさせ、隷属させる。
それにそっくりだな、と。
犬の矯正訓練されてる方って、犬に出来る方法を人にも使ってるのかもしれないと思っちゃいました。
結局諦めさせて隷属させるという方法は同じだもの。

あ~腹立ってきた。。。

本当につらかったですね。
ここから抜け出せたコジママの素晴らしいパワーのお話を楽しみに待ってます。

No title

そうかー。
コジはちょっと押しは強いけど、ビビリーで優しい男なのかー。
可愛い子だねー (*´∀`*)
母ちゃんの だいじこちゃんだもんねー(´艸`)

このトレーナーさんはどうしてコジくんに ここまで厳しくするのでしょう?
自分の手掛けた犬が 思い通りの振る舞いをしないから?
母ちゃんたちが言うとおりにしないから?
「もう知らん!勝手にやれ」と言わないのはどうしてかしら?

以前このトレーナーさんがTVで1歳のゴルちゃんを吊り上げて(後ろ足は地についてた)「いけないっ!!」と怒鳴っているのを見ました。

その時のゴルちゃんの目がねー。
恐怖と混乱がはっきりと現れていて、犬に(っていうか犬だろうが猫だろうが人だろうが)この目をさせてはいけないと思いました。

でも同じシーンを見ても「やっぱりいけない時はしからなくちゃダメなのね!ちゃんと言うことを聞くようになるんだからこのトレーナーさんはすごいわっ!!」っていう人もいるんですよねー (|||-ω-)

Re: No title

こなつちゃんのママ♪

犬の訓練について、このトレーナーさんが言われた事なのですが、
とにかく犬に自信を失くさせることが大切である、よく世間で言われる
マザコンのようにするということであると……。

こなつちゃんのママが言われるように、軟禁状態にあっても逃げようとしない云々の
話しと同じだと、私も〇田流から離れてから思うのです。

> やる側の意欲をそぎ、諦めさせ、隷属させる。
> それにそっくりだな、と。

〇田流の預託料は目が飛び出るような金額です。
だから凄く期待もするし、逆に変な安心感も持ってしまいます。
でも、実際には素人が簡単に習得できる方法ではなくて、色々とトラブルにも
なったのではないかと私は思っています。

トラブルにならないようにする為に、とにかくしっかりと布石を打っておく。
犬が問題行動を起こすような事が出てきたら、それは総て飼い主のせいである。
トレーナーさんの言う通りにしなかった、きちんと話を理解せず、指導通りに
しなかったから、そういう事になるのだと洗脳するような感じだと思います。

犬にも人にも同じ方法を使うんだなあって、私も思うのです。

今の私なら、正面切って「あんたらは家族揃っては詐欺師やな!ええ死に方せんぞ!!」
って言ってしまいそうです(;^_^A

> ここから抜け出せたコジママの素晴らしいパワーのお話を楽しみに待ってます。

半分ノイローゼみたいになってたんですよー" "(/*^^*)/ハズカシ
主人や子ども達も、このままノイローゼになってしまうんじゃないかと心配
だったって。

長女がこの間「よくここまでになったよなあ」(関係が修復出来てきたという
意味だと思います)と感慨深く言っていました。
その言葉に胸が熱くなりました(^人^)感謝♪

Re: No title

ナナセちゃん♪

うん、コジはちょっと押しが強いんだ。お散歩のときに
どうしても行きたい所があると、なかなか諦めが悪くてね(;^_^A

でも、顔のそばを小さな虫が飛んでいくだけでビビッて高速回転しだしたり、
お母さんが子どもに怒ってる側を通るのが怖くて高速回転( ̄△ ̄;)エッ・・?

だけど、あんなに酷いことをした私を一度も咬まなかった(T_T)
本当は強くて優しい子なのかもしれない…母ちゃんのだいじこちゃん♡

ブログに綴ると長い期間のように思うけど、これは預託から帰って来て、
まだ5日か6日くらいの話しなんだ。その僅かの期間に「もう知らん!」
とは言えないとは思うんだ。

自分のしつけ法は素晴らしいものである。そして車に例えれば100パーセント
安全で素晴らしい高級車を自分は作った。なのにドライバーである私たちが無茶苦茶な
運転をするから、その素晴らしい高級車がボコボコになってしまいつつある。
その事が許せなかったんじゃないのかなあ。

「あの怖ろしい小次郎を“せっかく”矯正して“やったのに”」と言われたからね。

> 以前このトレーナーさんがTVで1歳のゴルちゃんを吊り上げて(後ろ足は地についてた)「いけないっ!!」と怒鳴っているのを見ました。
>
> その時のゴルちゃんの目がねー。
> 恐怖と混乱がはっきりと現れていて、犬に(っていうか犬だろうが猫だろうが人だろうが)この目をさせてはいけないと思いました。

小次郎はいつも怯えたような目で人を見ていた。人は怖いもの危険なものっていう
認識だったと思うんだ。今は!穏やかなアーモンド状のお目々だよー♪

> でも同じシーンを見ても「やっぱりいけない時はしからなくちゃダメなのね!ちゃんと言うことを聞くようになるんだからこのトレーナーさんはすごいわっ!!」っていう人もいるんですよねー (|||-ω-)

私も、犬を飼うにあたって、いけない時は厳しく叱らなきゃって思ってたんだ。
だから「叱らない」っていうのはいけない事にも目をつむって、何でも言いなりに
なること、好き放題させることになるんじゃないかって思ってた。

でも違うよね。いけない時に犬に分かりやすい方法でNOを伝えること。
怒鳴ったり、リードショックをかけたり、愛情遮断をするのではなくてね。

そして犬がそれを受け入れてくれるだけの土台作りをしなきゃいけないって
ことなんだってストンと落ちたときは凄く嬉しかった♪

私のだいじこちゃんと、もっともっとラブラブになりたいから、頑張って
勉強しなきゃって思うこの頃でーす(#^.^#)

No title

マメタ母ちゃん、こんばんは^^
小次郎君、凛々しいお顔、カッコイイ~。
小次郎君は、優しくって繊細でイケメン柴ちゃんだね~。
ルビーは、昨日の夕食は、食べてくれませんでしたが、今日は食欲出てご飯を食べてくれました^^
うんPも少しづつ改善されています。
そうなんですよぉ。ルビーは、体質上の物を抱えてるんですよぉ。
ビーグルパワーでとっても元気です^^
今寝ているのでブログを開いています。

私、いつも思ってました。
○田トレーナーは、スカイブでも短期な行動ばかりだし。
「躾をやり出したら、一気にやらなければいけません。プロは一気にやります。そこがプロと素人の違いです」でいきなり、スカイブ、プツンと切れました。
こっちは、お金払ってるんですよ!!
私は、説教聴きたくてレッスンしてるわけではありません。
○田トレーナーの訓練に出逢って余計に悩みが深くなりました。
今は、明るさを取り戻しましたが^^v
今だったら、言います。
「どうして、問題行動してない時に犬の首絞めなくてはいけないのか?」って講義できます。自信を無くす必要は、ありません。
自信があったって穏やかで優しい仔でいれます。
犬の問題行動は、自身があるとかないとかではないですよね。
今だったら、言えます。
「あんた達、沢山の飼い主さんと犬達を苦しめて
何様だと思ってる~!!
最後には、ボロが出るぞぉ~」って。もう、出てるか。
絶対、トラブルだってあったはず。
マメタ母ちゃんと私だけじゃないはず。
皆で、声をあげていこう~!って思います。
ノイローゼ気味のワンちゃん達、飼い主さんを救っていきたいですねぇ。

Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

ルビーちゃん、少し食欲が戻ったんですね。ょかった( つ∀`)
体質的なところは、どうしようもない事も多くて辛いですね。
早く良くなりますように♪

最初の印象とは打って変わって、本当はとても短気で横柄な方なんだと
預託から帰ってきて数日後から思うようになりました。
 
素人が出来ないのは当たり前です。じゃあ何のためのプロなのでしょうか。
プロの技術を素人に求めること自体おかしいし無理がありますよね。

恐怖で犬を支配して、何も考えられないような状態にしてしまう。
そして人に従うだけの犬にしてしまう……人間ってそんなに偉いものなんでしょうか。

動物や自然から学ぶことっていっぱいあると思いませんか。

動物は“足ること”を知っています。見栄や虚栄心もありません。
人間のように、人を蹴落としても自分がなどということもありません。
ブランド物で身を包みたいとか、立派な車に乗りたいなどという
下手な欲望も持っていません。

自然も偉大で、人は自然に逆らうことは出来ません。
所詮、人間は自然の中で生かされているに過ぎないと思うのです。

だから、人が犬を云々ではなくて、自分達が犬という動物のことを
しっかり観て学んで、人の間違った対応を変えていくことが大事
なんじゃないかと思うのです。

人と同じで、それぞれ個性や癖があるはずなので、そういった
ことも一緒に暮らす中で理解していく…。

いつだったか、ボール遊びをしている小次郎が私の手前まで
ボールを持って来るのに、手に渡さずに手前で口からボールを
ポロッと離すようになったのですが、○田トレーナーは、その
意味がどう考えても分からないと言われました。

私も最初は分からなかったんですが、それは小次郎が、もう
ボール遊びはしたくないって言っていることに気づきました。

犬一筋38年って豪語していても、その程度だったんだなあ
と思います。素人の私以下じゃんってアハハ(^Д^#)。

一緒に暮らすこと、理解しようと学ぶこと、観察すること、
ボディランゲージを読むこと…そんな中でお互いのことが
分かってくるのだと思います。

そして犬も人も、自分に自信(根拠のないへんてこりんな自信
じゃなくて)を持つことで、やさしく強くなれるのではないかと
私は思っています。

> 最後には、ボロが出るぞぉ~」って。もう、出てるか。

ね~、出てますよ!

> 皆で、声をあげていこう~!って思います。

ルビーちゃんとすももちゃんのママも一緒にヾ(*・ω・*)ノヨロシク(o*_ _)o))ペコッ
ルビーちゃん!早く元気になーれ♪