膨らむ恐怖心

140323-7[1]_convert_20140330145827

小次郎にペットシーツをぶつけたマメタ。マメタの心は
とても傷ついていました。それでも小次郎に対する愛情は
いっぱいで、小次郎もマメタの膝の上で眠ることがよく
ありました。

そのことをトレーナーさんにお話ししたところ、小次郎は
そうやって自分が支配しやすい人間を味方につけて、
それ以外の周りの人間を攻撃するタイプなので気を
つけなければいけない。膝の上で眠らせるのも10分
15分以上は良くないと言われました。

あれもダメ、これもダメ…禁止事項の多さに、〇田流の
難しさを感じ始めていました。そして、どれほど小次郎が
怖ろしい犬なのかと……小次郎に対する愛情が少しずつ
恐怖心に変わっていっているように思い始めてもいました。

小次郎が帰ってきてから8日目の土曜日のことでした。
スカイプで小次郎の様子を見ていただいていた時に
度々、ケージから小次郎がピーピー鼻を鳴らしました。
それを聞いていたトレーナーさんから、ケージを蹴飛ばすか
スウェットなどファスナーのついてない洋服でケージの
淵を思い切り叩くように言われ、スカイプで実際にどの
ようにするのか、訓練所で預かっている犬をモデルに
した指導をされました。

また、小次郎が度々自分の尻尾を追いかけて興奮して
いることを相談したところ、「小次郎はお散歩に行くことすら
ストレスに感じるタイプなんです。そのストレスで尻尾を
追いかけているんです。放っておけばいいんです」と言
われましたが、心の隅に納得できない思いがありました。

そして吊り上げも早く成功させるように…「普通の犬なら
こんなに心配はしません。小次郎はとんでもない犬です。
だからこんなに心配して、厳しい事も言うのです。」との
言葉に、恐怖心が膨らんでいきました。

どんどん荒くなってくる指導内容に、気持ちが沈んで
いきました。犬にやさしい、愛情が基本、大きな愛情で
包み込む…そのしつけ法が犬を吊り上げる、ペットシーツの
塊をぶつける、ケージを蹴飛ばす、ケージに服を叩きつける、
新聞や雑誌を投げつける。

私が思い描いていたものとは正反対の方向に進みだした
ように思いましたが、後戻りする勇気がありませんでした。

そして、小次郎のこと、私たちのことを思って、言いにくい
ことや厳しいことを言ってくださっているのだと感謝しなけ
ればと思う自分がありました。

140321_204547.jpg
吊り上げられるのも、ケージを蹴られるのも、おいらは嫌だよ。
母ちゃんもマメタ姉ちゃんも嫌だって思ってるのに、何で(?_?)

コメント

非公開コメント

あれもダメこれもダメ…
あなた小次郎くんはロボットじゃないんだって言いましたよね?そう、ワンコはロボットじゃないから寂しかったら鼻なきしてみたり、びっくりしたら吠えちゃったりするんですよ~!あなたこそワンコをロボットにしようとしてるじゃないですか!!
がんじがらめにして…。

飼い主さんが何か言おうもんならすぐに怒って聞かない…
もともとが 自分の考えが一番!って人で人の話も聞き入れないんでしょうね。だからこそこんな暴力や恐怖で支配する躾を貫き通せるんですね。あなたの躾方法は間違いだらけの時代遅れ!
あぁ、腹が立つ…。

どうか、こんなトレーナーに頼って騙されちゃう 悲しい思いをする飼い主さんが減っていきますように…。

Re: タイトルなし

きょんさん♪

コメントありがとうございます。

○田流が私たちには実践できなくて本当に苦しくて…そのときに長女が
言った言葉が今でも忘れられません。

「私はもっと普通に犬が飼いたかった。コジロー!ってテンション高く
わしわし触ってギュってしたいし、コジが尻尾をブンブン振るのもかわいい
と思う。ピーって鼻を鳴らすのだって何も悪い事じゃないと思うし、むしろ
かわいいと思う。お散歩行きたくて、私たちより先に玄関を飛び出すのだって
当たり前やし、臭いだって嗅ぐのは普通のことやと思う」と言って泣きました。

それでも、その時私の目は覚めませんでした。今まで○田流で育った小次郎。
今、違うしつけ法に変えることは小次郎を混乱させ苦しめることになると
思っていたのです。

しつけ=厳しいこと、難しい事 という自分勝手な思い込みでそう考えて
いました。だから、苦しくて嫌だと思いながら、それでもその暴力的な指導を
実践してしまいました。

どうしてそんな事が分からないのか、どうしてそんな酷いことが出来るのかと
ブログを読んでみえる方のなかには嫌悪感を抱いてみえる方もあると思います。

何故だか分からないのですが、その時はその方法しかないと思っていました。
普通の犬じゃない、500頭か1000頭に1頭いるかいないかの恐ろしい
犬だから、この方法しかないのだと……。

多分、○た流を上手く実践できる飼い主さんには、最初の印象通り、謙虚で
物腰が柔らかく腰の低い方なのだと思います。

出来ない飼い主のことは完膚なきまでに叩きのめす…その言葉のように
あなたたちがちゃんとしないから、話を聞いてないから、指導した意味が
分かってないからと全てを飼い主のせいにして切り捨てる方なのだと思います。

少し冷静になって考えれば分かることなのに、それが分からなかった自分が
本当に情けなくて悲しいです。

でも…
昨日のお散歩、雨が少し降っていて、帰って来てから乾いたタオルでコジを
そっと拭いたら、おとなしく拭かせてくれて、やさしい目で私を見てくれた
のです。あんなに酷い事した私のことを許してくれてるんだと思ったら泣けて
きて…そしたら心配そうな目で私の顔を覗いてて…よくここまで修復できた
なあって感動しました。

昨日今日と風が強くて、コジは風の強い日のお散歩は苦手なんですが、
「大丈夫だよー」って声かけしながら歩いたら、すっごく落ち着いて歩いて
くれました。

本当に毎日が楽しくて幸せです。

でも、私のように修復できる人ばかりではないと思うのです。
そう考えるとトレーナーさんの責任は大きいですよね。

どうか、私のような飼い主が減りますように…祈るような気持ちです。

またカンナちゃんのブログにもお邪魔しますね。
健康診断の結果はどうでしたか~(^/Oヽ^) !

No title

目が覚めなかったママさん、わかる気がします。
あたしもパピーから育てるのはそらが初めてでしたから、ネットや本で実践してもうまくいかない・・・・そんな時にトレーナーと称する人間からアドバイスを受ければ切羽詰ってる飼い主はその発言を信じてしまいますよね。そんな飼い主に付け込んでくる悪徳トレーナー・・・・・。

あたしはトレーナーでもなんでもないけれど、そらの子育てと共に ワンコって人間の気持ちに敏感に反応するなって感じてます。トレーナーと縁を切り愛情たっぷりの接し方、小次郎君にちゃんと伝わってると思いますよ♪
娘さんの言葉の通りの接し方でいいと思います♪
家庭犬は警察犬ではないんだし、嬉しい時はブンブン尻尾振って喜ばせて思いっきりわしわし撫でまくっても良いですよね!!だって家族なんですから。ひたすら大人しく散歩もきっちりぴったり真横について歩くなんて、家庭犬で必要??って思います。感情も表さないワンコに躾けるのは虐待だと思いますもの。

Re: No title

きょんさま♪

私は犬を飼うのは初めてじゃなかったんですが、最後に飼ったのが
30年近く前のことで…時代の流れと共に犬のしつけ法も変わったん
だろうなあと思い、一生懸命ネット検索しての結果がこれでした。

業として看板をあげてみえる以上、利益を求められることは当然だと
思います。そして“しつけ法”についても、今の私には間違っているとしか
思えませんが、それが正しいと思って実践してみえるのであれば致し方ない
と思うところもあります。

ただ、どう考えても、どう観ても、小次郎が500頭か1000頭に
1頭いるかいないかの恐ろしい犬であるとは思えません。それは絶対に
嘘だと思うのです。

私はそこで嘘が入ったことがどうしても許せません。自分の私利私欲の
ために嘘をついてまで顧客を獲得し、驚くほど高額な預託料をとり、
上手く出来ないと見たら切り捨てる。私にとっては悪徳トレーナー以外の
なにものでもありません。

その人間性がしつけ法にそのまま反映されているように思います。

今は、トレーナーさんから禁止された事を何一つ守っていませんが、
全く問題ありません。問題があるどころか、小次郎はその頃よりも
穏やかでとってもいい仔です。

自分の尻尾を追いかける常同行動もなくなりました。

家族みんな、小次郎のことが大好きで可愛くて…私たちの接し方がちょっと
まずいから、変な習慣をつけてしまってるところはありますが(何か食べ
てるとちょこんと横でお座りしたり、冷蔵庫を開けるとスタスタやって来
たり、フードだけしかないときに物欲しそうにしてるとトッピングしても
らえるのでじっと待ってたり(;^_^A )分かってて、それでもいいかなあ
って、そんなゆるゆるな毎日を楽しんでいます。

お散歩も、行きたい所があるときには急いでそっちの方に行くけれど、
満足したら私の横を歩いています。ゆっくり行って~って言うと歩く
早さを落としてくれるんですよ。真横につけようとしていたときには
グイグイ引っ張って歩いていたのに不思議ですね。

今は小次郎が犬らしく生活出来るようにという気持ちで接しています。
犬として幸せに暮らしていけるように、私たちが小次郎を理解して
小次郎の気持ちを満たしてあげられるような生活をと思っています。

柴犬ということもあって、感情豊かっていう雰囲気ではない小次郎ですが、
いつか笑顔いっぱいの小次郎になってくれたら嬉しいなあ(#^.^#)

No title

こんばんは^^

預かり犬をモデルにして叱り方を実践してみせるなんて酷いトレーナーです。
日常的に預かり犬を虐待してるって証明してるような物ですよねぇ。
娘さんの言われてた事、その通りだと思います^^
長女さんも辛かったですねぇ。
○田さん、小次郎君がボールを途中で落とす事がなんで分からないんでしょう?
犬を触っただけで犬の性格、未来が見えるって言われたんじゃないですか?
マメタ母ちゃんが言われたように小次郎君は、もう、ボール遊びはしたくないって言ってるんだと思いますよぉ。
ルビーとすももも、ボール遊びしたい時は、勢いよく追いかけてボールを持ってきます。飽きてきたら、同じように手前でボールを落とすので。。。
「もう、おしまいねぇ」でボール遊びは、おしまいです。
小次郎君がお散歩にストレスを感じていたとしたら、○田さんの痛めつけがイヤだからですよね。
○田さんは、本当は犬の気持や色々な事、理解されていないのではないですか。疑問です。
失礼な言い方になりますが。。。
テレビチャンピョンになられた事を利用して、飼い主さんや犬達を苦しめ、お金儲けをされているとしか思えません。

犬の自信をなくさせ、元気がなく尻尾をいつも落としていたら、本当に具合が悪い時のシグナルが分からなくなってしまいますよね。
下痢や嘔吐だけではなく、いつもと違う感情を感じ取って飼い主さんは、病気のサインに気づいていますものねぇ。
ピィピィ鼻を鳴らすのも、寂しいとかお腹痛いとかサインをおくってるんですよねぇ。それをゲージを蹴飛ばせなんて!酷すぎる!

小次郎君、マメタ母ちゃん、○田流は間違ってますよね~。
○田流から離れて。。。
小次郎君もルビーも今が一番良いお顔してるし幸せだもの。私たちも^^

ルビー食欲、モリモリになりました^^V
本調子では、ないのでブログももう少し更新お休みしてます。

Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

その時に、小次郎も同じようにされていたのかなあということは
頭をよぎりました。

そういう事も含めて、幼い小次郎の心を傷つけてしまったと、
辛い気持ちになります。

お散歩がストレスになるのなら、小次郎にとっての楽しみって
一体何なんだろうって思いましたが、匂い嗅ぎも出来ずに、飼い主の
方だけを見て、脚側で歩かされるお散歩はストレスでしかなかった
ということかなあと思います。

> テレビチャンピョンになられた事を利用して、飼い主さんや犬達を苦しめ、お金儲けをされているとしか思えません。

もしかしたら、最初はそうじゃなかったのかもと思うときも
あります。テレビチャンピオンになられて、志が変わって
しまったんではないかと……。

方法は間違っていると思いますが、最初の頃の志はもっと
純粋だったのではないかと。

何も分からなかったとは言え、目の前の犬をよーく見れば、
何か感じられたはずなのに…情けないやら腹が立つやら(T_T)

この時に小次郎を苦しめた分、もっともっと勉強して小次郎の
ことを理解して、幸せに暮らしていきたいと思っています。

ルビーちゃん、食欲出てきて良かった♪
またルビーちゃんが全快したらブログ更新、楽しみにしています。

ルビーちゃんとすももちゃんのママもお疲れが出ませんようにm(__)m

No title

私も一時は、ルビーの心を傷つけてしまった事を思うと辛いです。

実は私もマメタ母ちゃんと同じ事、思ったりしました。
○田トレーナーは、最初の頃は犬に対する思いは真剣だったんじゃないかと。
テレビチャンピョンになられて、どんどん悩みを抱えた飼い主さんが増えてきて、相談も増えて。。。
それが、女性の方だったり、年配の方だったり。。。当然、テレビチャンピョンの方ですから、名も知れ渡ります。力のない女性や年配の方が増える事によって、吊り上げたり電気ショックの首輪を進めるようになったのでは、ないかと思うんです。
私は、テレビチャンピョンと言う肩書きに安心感さえもありました。
有名の方だから、疑いもせず信じてしまいました。
でも。。。どんな理由にせよ、飼い主さんを苦しめたり追い込んだり、犬達を脅えさせる事は許せません。○田流にせよ、他の訓練流で犬に強いショックをガツッと入れる事は、一般の飼い主さんが出来る事ではないと思います。
余計に関係を悪くする場合もあると思います。

私は、そんな訓練に出逢ってしまいましたが、今は信頼できるトレーナーに出逢って、トレーニングによって犬が良い方向にいったり、悪い方向に行ってしまうという事が分かってきました。
それだけ、トレーニング方とは重要なんだと。
マメタ母ちゃんもそうですよねぇ。
辛かった日々を土台にして、お互いに小次郎君、ルビー、すももの事を今以上に理解してワンコとの生活をエンジョイしていきましょうねぇ^^V


Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

私も未だに後悔の念や、小次郎にも家族にも本当に申し訳ない
ことをしてしまったと落ち込むときがあります。

ちょうど今頃の時期になると、2年前のことが蘇ってきて憂鬱な
気持ちになってしまう事もあります。

でもどれだけ後悔しても過去は消せないのだから、今を一生懸命
生きよう、小次郎ともっともっと幸せに暮らしていけるように
努力しようって思う気持ちの方が強いです。

この事があって、自分を省みることにもなりました。
私には〇田さんのようなところは無かったか、もしかしたら、私の
言動で傷つけてしまった事があったのではないか、私も何かのとき
には人を切り捨てるようなことがあったのではないか。

そんな風に自分の生き方を反省するきっかけになりました。

小次郎との関係を修復したいと色々調べて、チャーリーママさんに
辿り着けたし、こうやってルビーちゃんとすももちゃんのママとも
繋がれて、本当に苦しくて辛かったことを当事者として共有出来た
ことは嬉しいことですしね♪

あの頃が苦しかったから、今の幸せに心から感謝出来る…そういう意味
では有り難かったのでしょうか(;^_^A

でも、方法も理論も〇田流には断固としてNO!をつきつけたいです。
飼い主も犬もひとつ間違えばとんでもないことになってしまう!
絶対にやめて欲しいと思っています。