また訓練所へ

140321_convert_20140406105321.jpg

小次郎が帰って来て僅かの日にちでしたが辛い毎日でした。
そして9日目の日曜日の夜のことでした。

その頃には、お散歩中にリードショックをかけなければなら
ないことが負担で、なるべく人や犬に会わない時間帯にお散歩を
するようになっていました。

それでもなるべく夕方にはと思ってはいたのですが、気持ちがすすまず
夜のお散歩になることが多く、そんな中での出来事でした。

風が強く、暗い夜道で落ち葉が道に舞う様子に小次郎は突然興奮しだしました。
あちこちに舞い散る落ち葉を獲物を狩るかのように追いかけ出したのです。

その興奮から箍が外れたようになった小次郎は、肩を
いからせて狂ったように匂い嗅ぎをし、ゲホゲホ言うほどの
引っ張りで歩き出しました。何とか私たちの横を歩いていた
さっきまでの小次郎とは別の犬ではないかと思うような変わり
ようでした。

今まで抑えていたものが一気に噴き出したのでしょう。
矯正したのではなく、ただ単に抑え込んでいただけだった
のだと思います。

人でもずっと我慢に我慢を重ねていれば、何かをきっかけに
爆発するのと同じだったのでしょう。抑え込む、過度な我慢を
させる…ずっとその状況が続けば、それが当たり前のことの
ようになってしまう、テレビで報道されているように、軟禁され、
いつでも逃げ出せる状況にあっても逃げ出さずに、その状況を
受け入れてしまっている人のように感覚が麻痺していくのだと
思いますが、小次郎には抵抗する気持ちが残っていたのです。

それなのに私にはその事が理解できませんでした。
とんでもないことになってしまったと思ったのです。

余りにもショックで、散歩を続けることが出来ず、そのまま
家に戻ってトレーナーさんの所に電話をかけました。
「せっかく矯正していただいて、穏やかな犬になって帰って
来たのに、私がダメにしてしまいました。もう一度、そちらに
連れて行きたいのですが、いいでしょうか」と奥様にお話しし、
トレーナーさんと相談していただきたいとお願いしました。

翌日、主人と私は休みを取って、小次郎をトレーナーさんの
所に連れて行く算段をしましたが、奥様から電話があり、娘さんが
小次郎を迎えに来てくださることになりました。

遠い道のりを娘さんは一人で運転し、小次郎を迎えに来て
くださいました。娘さんの顔を見るなり尻尾を振り、おしっこを
娘さんにかけるようにしてしまった小次郎。トレーナー業を
継いでみえる娘さんはつかさず「今のおしっこの仕方は支配性
が現れていましたね」とおっしゃいました。

今、犬のボディランゲージを少し勉強するようになり、
その時の小次郎のおしっこは、娘さんに対して「怒らないで」
「落ち着いて」というシグナルだったのではないかと思います。

小次郎は娘さんの軽自動車の助手席に座り、また訓練所に
戻りました。助手席にはバリケンも何もなく、遠い道のりを
行くのに大丈夫だろうかと少し心配でしたが、翌朝、私が
送ったお詫びのメールへの返信で娘さんと小次郎が無事に
訓練所に着いたことを知り、胸を撫で下ろしました。

そしてまた、小次郎の居ない生活が始まりました。

140401-2_convert_20140406105132.jpg
母ちゃん、おいらの気持ちに気づいてよ! もっとおいらのこと分かってよ!
おいらは犬だよ。葉っぱぐらい追いかけるよ♪(* ̄  ̄)b “(--;)ウン・・・
おいら、自信のない、自分で何も考えられない犬にはなりたくないんだ!(・。・)b 「そうだ!そうだ!」

コメント

非公開コメント

はじめまして

はじめまして!
現在2匹の柴犬といっしょに生活しています。
柴犬が好きで、2年半前に亡くなった柴犬も合わせると3匹の柴犬と人生を共にしています。
亡くなった柴犬が私にとって始めての家飼いの犬だったので、本当に大変でした。
留守にすれば、家中ぐちゃぐちゃにされ、オシッコとウンチだらけ。
手は甘噛みと引っかき傷だらけ。
私もあの時は、これは大変だ!と思いしつけ本を買い、お散歩では犬を吊り上げ、叩き…それこそいろいろやりました。
でもあの子の性格上、叩けばやられないようにさらに狂犬になり、結局やめました。
3歳を過ぎた頃からずいぶんと落ち着いて、何も心配いらなくなりました。
この子が一番我が強い分、私にとっては頼りになる存在で、服従はしないけどいつも気にかけてくれてそっと寄り添ってくれる子でした。
2番目は気弱なので、叩かれたらすぐに降参のポーズで、3番目は叩く素振りですぐに言う事を聞きます。
たしかに1番目の子が一番大変でしたけど、晩年はいい関係でしたよ!
そんなに服従させなくても最後は信頼関係だと思いますよ!
人間の子供でも叩けばたしかにすぐ効果はありますけど、それはただ痛い思いをしたくないからではないかなぁと思います。
私は柴犬の頑固さとか媚びないところが好きですよ!
ご家族は大変な思いをされているのにごめんなさい…。

Re: はじめまして

たろまめさま♪

コメントありがとうございますm(__)m

そうやって皆さん大変でもご自分で一生懸命考えて苦労して育ててみえる。
私は安易に預託という方法をとってしまった。

まずそこが一番間違っていたなあと思っています。
たろまめさんが言ってみえるように、人間の子どもに対して暴力を振るえば
恐いから、叩かれたくないから、表面上は言う事を聞くようになると思います。

でも、それって違うと私は思うのです。根本的なところの解決にはならない
ですよね。そう思って子育てをしてきたのに、犬に対しては自分が一番嫌だと
思うことをしてしまいました。

2年前に預託をしてしまったときの辛い過程をブログに綴っています。
一度崩れてしまった小次郎との信頼関係…今は少しずつ修復しています。
今は「名前を呼んでおやつ」…毎日公園で小次郎と2人でベンチに座って
一緒におやつを食べています。

何となく意思疎通できるような時が出来て来て毎日が嬉しくて楽しくて
幸せです。辛かった日々からは想像も出来なかった今の幸せも綴って
いきたいと思っています。

またあそびに来てくださいm(__)m

ありがとうございます

私も最初はしつけは主従関係をはっきりさせるために、声を荒げたり、叩いたり、そんな事をしないと犬には通用しないのか!と思って鵜呑みにしていました。
でも2匹目からは誉めて育てる方法にしました。
やっぱり犬の笑顔がみたいですよね!
柴犬の笑顔は最高です!
たくさんご苦労されたのですね…。
犬は全てわかって許してくれます。
ご家族の愛情に真っ直ぐに答えてくれる日は近いと思いますよ!
応援してます!

Re: ありがとうございます

たろまめさま♪

私の方こそありがとうございます!

小次郎は笑顔が少ないので、何とかもっと笑顔を見られるようにと
思っていますが、きっと一生かけての取り組みになるのだと思います。

一緒に暮らす中で少しずつ信頼関係が築かれて、家族になっていけるのでは
ないかと思っています。種が違うのですから時間がかかって当たり前ですよね。

犬は全て分かって許してくれる…そうですよね。きっと許してくれる、いいえ、
もう既に少しずつ許してくれていると実感しています。

日々小次郎から貰う幸せに感謝しています。貰う幸せ以上のものを返したい
のですが、やっぱり貰う方が多くて…いつになったらお返し出来るかなあ
なんて思うこの頃です。

これからも宜しくお願いしますm(__)m

No title

小次郎くん舞う落ち葉を追いかけるなんて、パピーらしさを取り戻してたんですね。
我が家のそらも風の強い日は転がる葉っぱを楽しそうに追いかけてますよ~!
そんな時は転がる葉っぱしか見えなくて引っ張りも強いです。苦笑

トレーナー一家は何かにつけて「支配性」ばかり言うけど人間と生活を共にする家庭犬は違うと思う・・・・ムツゴロウさんも言ってたし・・・・。
トレーナーによっては犬の祖先はオオカミで・・・支配性云々言うけど あたしはムツゴロウさんの犬の祖先はオオカミではないってのに同感しております。

Re: No title

きょんさま♪

落ち葉を追いかけた時の様子は、何だか抑え込んでいたものが一気に
噴き出したという感じでした。

物凄い興奮の仕方で、顔つきまで変わっていたように思います。

今も桜の花びらや落ち葉を追いかけることがありますが、その時とは
全然表情が違うんですよ。楽しんでるって感じです。

匂いの嗅ぎ方も全く違います。以前は肩をいからせて狂ったように
匂いを嗅ぎ、どんなものも食べてしまっていました。

物凄いストレスだったのだと思います。
たばこの吸い殻、他犬のうんち、紙、ビニール、ゴム、アスファルトのかけら、
葉っぱ、花、マスク、ティッシュ、木片、釘…ありとあらゆるものを拾い食いするので、
お散歩はいつも主人と2人で行き、私が先を歩いてコジが拾い食いしそうなものを
拾っていました。

それでもコジの嗅覚は凄くて、どこからともなく色んなものを見つけて
拾い食いをしていました。主人は拾い食いをするために匂いを嗅いでいる
と言っていました。

今は他犬のウンチはさらりと臭うだけ、たばこの吸い殻は見向きもしません。
マスクとティッシュは魅力的なようですが、上手く回避すれば大丈夫です。

匂いの嗅ぎ方も本当に穏やかに、臭い嗅ぎを楽しんでいるように思います。
そんな小次郎を見ていると私も幸せな気持ちになります(#^.^#)

子どもの頃からムツゴロウさんが大好きで、よくテレビも見ていたのに、
どうして〇田流に傾倒してしまったのか…ムツゴロウさんの動物に対する
愛情と考え方、やっぱり共感できると改めて思うこの頃です。

ビーグルちゃんも活発だから、落ち葉が舞ってたら喜んで追いかけ
ますよね。そんなところがまたカワイイ♪ 一緒に過ごせる時間を
大切に大切にしていきたい。そう思っています。