小次郎がいなくなって…。

140406-9_convert_20140412113007.jpg

小次郎が居ない生活は寂しいという気持ちと、ホッと
する気持ちが入り混じっていました。

いつもいつも小次郎を監視するようなお散歩。小次郎が
少しでも前に出たらリードショックをかけなければと思う
けれど、それが嫌で嫌で仕方がなくて、ちっとも楽しく
ないお散歩。立ち止まることもなく、延々と真っ直ぐに
歩いていくだけのお散歩。

それは小次郎も同じで、いつリードショックをかけられる
かと常にピリピリ神経を尖らせ、私がつまづいたりして
少し歩調が変わるだけでビクッと私から遠ざかろうとし
たり興奮したり……。排泄のための匂い嗅ぎを少し
したら後は歩くだけなので、歩きながらウンチをして
しまうことも度々ありました。ウンチをしたいから、自分
が排泄したい場所を探してするのではなく、我慢に我慢
を重ねて、歩きながらウンチをしてしまうのです。

そんな事すら分からずに、小次郎を理解してあげら
れなかった私。犬としての欲求や犬としての尊厳を
無視し続けていた私。情けなくて自分に腹が立ちます。

首輪を抜いて逃げたこともありました。当然だと思い
ました。小次郎だってリードショックなんてかけられ
たくないはずです。トレーナーさんは犬の首のところは
殆ど神経が通ってない。だから親犬は子犬の首の
ところを咥えて運ぶのです。リードショックをかけても
犬にとっては痛くも痒くもありませんと言われましたが
本当にそうなのでしょうか。

痛くも痒くもないのなら、何故小次郎はあんなに
リードショックをかけられることを嫌がったのでしょうか。
怯えていたのでしょうか。少しずつ○田流への不信感が
膨らんでいましたが、もう引き返せないという気持ちの
方が強く、またトレーナーさんからも、リードショックを
かけるタイミングが遅すぎるからダメなのだ、ちゃんと
DVDを見て練習するようにと言っておいたのに、何も
練習していないし理解していないことが原因だと言われ
ていたため、私が指導通りに出来ないことが一番問題
なのだという気持ちが強かったように思います。

練習はしていました。ぬいぐるみに首輪とリードをつけて
DVDを見ながら何度も練習しましたが、実際の小次郎は
DVDの犬とは違う動きや反応をするので、同じようには
出来ないのです。またぬいぐるみになら躊躇せずにリード
ショックをかけることが出来ましたが、小次郎にリード
ショックをかけることはなかなか出来ませんでした。

期待に胸を膨らませ、とても楽しみにしていた小次郎
との生活。なのに、小次郎とは家族になるどころか
どんどん距離が広がっていくような、小次郎が私たち
に対して心を閉ざしていくような、そんな毎日でした。

こんなことをしていたらダメだ。トレーナーさんが言わ
れるように、早く吊り上げを成功させなければ、とん
でもないことになってしまう。でも…出来ない。いつも
心の中に相反する思いがありました。

仕事をしていても、小次郎のことで頭がいっぱい
でした。なのに家に帰るのが嫌で堪りませんでした。

あんなに可愛くて愛おしいと思っていた小次郎の
ことを“怖い”と思うようになってきていました。

だから小次郎が訓練所に戻り、その恐怖心や
苦しいお散歩から解放されて、ホッとした自分が
いたのでした。

そして少し食事が喉を通るようになりました。

140321-22_convert_20140412112936.jpg
ねえ母ちゃん、匂い嗅ぎをしてるおいらの顔や、おねだりしてるときのおいらの顔Uo-ェ-oU ポッ♪
よーく見てよ(*´ -`)(´- `*)おいらとってもシアワセな顔してるだろ(^.^)

コメント

非公開コメント

No title

この写真のコジくん…
身体の部分を隠したら、黒いパンツ履いてるように見えませんか?(*′艸`*)
(なんつー場違いな発言か)

犬としての欲求や尊厳を無視した扱い。
それを、犬と共に生活していく術を伝えるべきエキスパートが平然と行えることが信じられません。
けれど、今はまだこういった「躾」がまかり通っているのも事実ですよね。
そんな中で母ちゃんが実体験を元に「間違っている!」と発信してくださることは、とても意義のあることだと思います。
きっと母ちゃんの知らないところで、これを読んで励まされている人や過ちに気が付くきっかけとなっている人がたくさんいるんじゃないかな。

そして1度は間違えてしまっても、真剣に向き合えば信頼関係は取り戻せる。
犬はやり直すチャンスをくれる生き物だと、だからこそ2度と裏切るようなことはしない と勇気をもらっている人もたくさんいると思います。

私もそのひとりです^^

No title

こんにちは^^

ナナセさんのパンツ^^コメント笑ってしまいました(^^
ハイ、確かに見えますねぇ。
桜をバックに小次郎君、カッコイイですよぉ。
少し上向きでマメタ母ちゃんを見つめてるのかな?

マメタ母ちゃんの小次郎君をまた、預けてる時のホットした気持が入り混じっていらした気持良く分かります。切ないほど可愛いくって大切な存在だけど、小次郎君の行動にストップを○田流でかけなければいけない。でも、出来ない。辛いですよね。私も同じ気持で人に会う事も犬に会う事もいやでした。お散歩が怖かったですよ。
今は、ルビーとすもものお散歩の時間が楽しくってたまりません。
たとえ、ルビーが犬にガウっても冷静に対処できるし、ドキドキしなくなりました。
大きな気持でルビーを受け入れられるようになりました。
回避したり、こちらに注目させたり。
マメタ母ちゃんの今みたいに(^^V
小次郎君は、ルビーみたいに犬に吠えたりしないけどねぇ^^

犬の首は、人間の首に似ていて繊細だと思います。痛くも痒くもないなんて○田さんは言われてるけど。。。大きな間違いであると思います。
私、獣医さんに聞いた事あります。
獣医さん言われてました。
「犬の首は人間の首に似ている」って。
老犬になれば、食べ物を飲み込む力も減ってきます。
ルビーは、フードを水で柔らかくしてます。
すももは、カリカリフードです。
犬は哺乳類だし。病気の治療で出る薬も人間の物と同じ場合があります。
ルビーが今回貰った炎症止めの薬、私、もらった事あるもの。
思わず、「あっ、先生、私と同じ」って言っちゃいました^^;

マメタ母ちゃん、ゆっくりですがブログ更新しています^^

話戻りますが、○田トレーナーみたいに飼い主のせいにばかりにするトレーナーも珍しいですよね!あっ~やだやだ。

Re: No title

ナナセちゃん♪

> この写真のコジくん…
> 身体の部分を隠したら、黒いパンツ履いてるように見えませんか?(*′艸`*)
(⌒▽⌒)アハハ さすがナナセちゃん、感性がステキだわ(*^m^*)
ビキニタイプの黒パンツをはく柴犬♂…何だか怪しい(;一一) ジロー

人間が何も学ばず、犬のことを知らずに飼ってしまうと
こういった躾けが正しい犬のしつけ方だと思い込んで
しまう。

だから学ぶこと、犬について知ることは本当に大事なことだと
思けど、悲しいことに〇田流にもマニュアルがあって、そこで
“犬について”“犬とは”が説かれているんだ。

結局そのマニュアルで古い間違ったことも説かれていて、それを
鵜呑みにしてしまう。

正しいものを見つけ選ぶ…これがなかなか難しいことなんじゃ
ないかって思うんだ。だから発信したいなあって。

> 犬としての欲求や尊厳を無視した扱い。

私は小次郎を家族として迎えたいと思った。でも、結果として
小次郎の欲求や尊厳を無視しようとしていた。

小次郎が「おいら、そんなの絶対嫌だ!!」って必死になって
抵抗してくれたことで、本当に大事なことに気づくことができ
て、小次郎に凄く(^人^)感謝♪してる。

プロとして、専門家として看板をあげる人は日々学び、古い
間違った定説を正していって欲しいと思うんだ。それだけ、
影響力があるという自覚も持って欲しい。

> そして1度は間違えてしまっても、真剣に向き合えば信頼関係は取り戻せる。
> 犬はやり直すチャンスをくれる生き物だと、だからこそ2度と裏切るようなことはしない と勇気をもらっている人もたくさんいると思います。
>
> 私もそのひとりです^^

ありがとうねm(__)m
本当に私もここまで信頼関係を取り戻せるとは思ってなかったんだ。
毎日少しずつ…でも気づけばこんなにもって思って感激(T_T)
与えてもらう幸せに(^人^)感謝♪して、もっともっと返したいって
思うんだ。

課題はまだまだあるけど…とにかく私がコジの二次強化子になる♪
それが総てかなあ(*^m^*)

今日も散トレで池にドボンしちゃって(チャーリーママさん曰く
自分から飛び込んだみたい)それはそれで構わなかったんだけど、
その後興奮マックスでかなり引きずってしまって、皆さんをお待た
せして迷惑かけちゃったんだ。

そんなことも全部温かく見守ってもらえる散トレの場が私に
とってもコジにとっても楽しくて幸せな場なんだ。

帰りは爆睡(;^_^A  今も爆睡してま~す♪

Re: No title

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

ナナセちゃんの感性、凄く好きなのです。
みけいぬ DIRECTION でとっても楽しいブログを綴ってみえて
私はいつも楽しませてもらってます♪

この時のコジは、きっと向こうから漂ってくるバーベキューの
匂いに心奪われていたのだと思います(^_^;)

夜遅くにコジのおしっこ散歩に行くと、たまに会う二頭連れの
年配の男性…ワンコさんはコジを見ると凄い勢いで吠えかかり、
尚且つもう一頭のワンコさんに転位噛みするのです。

だからいつも人に会わない時間帯にお散歩してみえるんだなあ
って…でも私にはその方の気持ちが凄くよく分かるのです。コジの
場合吠えはないけれど、興奮や過剰な怯え…リードショックを
かけなければならないと思っていたときは、人や犬と会う時間帯の
お散歩は行きたくなかったです。ううん、お散歩自体が本当に
苦痛でしかなかった…。

ルビーちゃんとすももちゃんのママと同じで、今はお散歩が楽しくて
楽しくて♪
だって犬だからガウっても吠えても当然ですよね。
それが犬だもの。

> 犬の首は、人間の首に似ていて繊細だと思います。痛くも痒くもないなんて○田さんは言われてるけど。。。大きな間違いであると思います。
> 私、獣医さんに聞いた事あります。
> 獣医さん言われてました。
> 「犬の首は人間の首に似ている」って。
 
私も一生懸命調べたのです。犬の首は人間の首に似ているって
私も同じような事が書いてある文献を目にしました。

トレーナー業で食べてみえるのこと、〇田流の場合、リードショックでの
抑制が必須だから、もしもこのような事が分かっていたとしても、
隠すしかないのだろうなあとも思います。恐ろしいことですが……。

飼い主のせいにすることで、揉め事にならないように布石を
打っているのだと思いますよ。

ルビーちゃんとすももちゃん、いい笑顔ですね♪
すももちゃんの方が一回り大きいなあって思ってましたが、
こんなに体重が違うんですね。(@_@;)びっくりしました。

ルビーちゃん、元気♪O(^▽^* 三 *^▽^)O元気そうで安心
しました。
こんな笑顔を見せてもらえて幸せですね。
また遊びに来てくださいねm(__)m