膨らみ出した不信感

140504-20_convert_20140512215009.jpg

トレーナーさんの都合の良い時間帯は、その日によって
色々ですし、奥様が折り返して電話をするように伝えます
と言ってくださっても返信がないこともありました。

どうしてもトレーナーさんの都合のつく時間帯に電話が
出来ないときにメールで色々とお聞きすると、小次郎を
ロボットにしか思っていないような文面だとか、これでは
小次郎が可哀想過ぎるとか、私にとっては“責められて
いる”ようにしか思えないことを言われました。

トレーナーさんの代わりに娘さんから質問の返事をいた
だいたことがありました。とても感じの良い対応でした。
私でよければいつでも電話してきてください。分かる範囲で
しかお答えできませんが、遠慮せずにどうぞと言ってくだ
さって、とても嬉しかったのですが、聞き忘れたことがあり、
直ぐに掛け直しましたが留守番電話になっていました。

電話を切ってからかけ直すまでに30秒も経っていませ
んでした。娘たちは、さっきの言葉は建前で、こちら
からの電話に対応する気はないと思うと言いました。

トレーナーさん一家をとても謙虚で感じの良い家族だと
言っていた主人や娘たちが、段々不信感を持つように
なってきていました。

それでも私だけはトレーナーさん一家を信じようとして
いました。これがマインドコントロールというものだった
のでしょうか…今になって、そう思うようになりました。

そして、どうしても小次郎との関係がしっくりいかない私は
仕事を一週間でも二週間でも休んで訓練所に通って
勉強させてもらおうと思いました。

ウィークリーマンションを借りて訓練所に通えば、
何とか小次郎との関係をきちんと作れるのではない
かと……。11年間、殆ど休まずに働いてきた私でしたが
それで小次郎との関係を作れるのなら、仕事よりも
優先しようと思ったのです。

そのことをトレーナーさんにお話したところ、こちらに
来てもらうより、そちらに娘を行かせます。その方が
安く済むとのこと。 話の内容から、訓練所に通うには
別途お金がかかるようでした。

預託に際してのお話のときに、3ヶ月分の代金で半年は
保障すると言ってみえました。小次郎を預託した日から5ヶ月
と少ししか経っていなかったので少し疑問に思いました。

そして、最初に言ってみえた、しつけ育成の過程を収録
したDVDも全く届く気配がなく、そのことを電話で言いかけ
たところ、トレーナーさんは違うことを上から被せるように
話し出しました。結局、しつけ育成の過程は何も収録されて
おらず、そのDVDも存在しなかったので、都合が悪かった
のだと思います。

信じよう、信じたいという気持ちと、おかしい、最初と
話が違い過ぎるという気持ちが心の中でぶつかり
始めました。

140406-22_convert_20140420203610.jpg
母ちゃん、そうだよ! 目を覚ましてよ!!
どう考えたっておかしいよ(。・_・。)ノ チョークチェーンで締め上げること、
リードショックを与えること…そんな事が愛情だなんて絶対におかしいよ(`^´)

コメント

非公開コメント

こんばんは(*^_^*)

こちらでは、はじめましてですね。
マメタ母さん、小次郎くん
初コメントさせていただきますe-446

実は、私もさくらを家に迎えた時、しつけ教室に行かなくてはといけないと思っていました。
ご近所のまだ若いワンコたちは、あるトレーナーさんを招いて定期的に広場で訓練しているとの情報を受け、その方にさくらもと、お願いしてみたところ・・
柴という犬種、日本犬系統の犬種は、申し訳ないけどできないと断られました。

いったい何故????
その方は、以前に甲斐犬を訓練した時に、思い切り噛まれたことで、日本犬系統のしつけは、やはり飼い主さんがするのが一番いいと痛感したと言われました。

確かに柴や日本犬は、主人は生涯ひとりと言われています。

そう言われてからは、私なりにしつけを始めたのですが、本などを参考に上下関係を解らせるためのさくらを裏返しをしたところ、却って、猛烈な抵抗を呼ぶことになってしまいました。

目は血走り、見たことのない憎しみをその奥に感じ、それっきり、世間でいうしつけは辞めました。

それからは、さくらの大好きなひっぱりっこ遊びや、おやつやボールを投げて口でキャッチできたら、いっぱいいっぱい褒めてあげました。
その時の、嬉しそうなキラキラした瞳は、今も忘れることができません。
異種である、ワンコとこうして意思の疎通ができるというのは、なんて素晴らしいのだろうと喜びでいっぱいになりました。

もう、それから今まで、私はさくらに夢中でここまできました。

小次郎くんが、現在はご家族の中で、笑顔で暮らされているとのことで、何よりです。
大変な思いをなさいましたが、それだからこそ、小次郎くんが最高に愛しいですよね。

Re: こんばんは(*^_^*)

さくらちゃんのママ♪

さくらちゃんのブログはいつも心がほんわかします。
さくらちゃんへの愛情がいっぱい(^.^)
さくらちゃんが可愛くて愛しくて…ママさんの優しさや愛情が
ブログから伝わってきます♫

そんなさくらちゃんのママだからこそ、本の情報を鵜呑みにするのでは
なくて、自分の目で見て感じたことを大切にしてさくらちゃんを育てて
みえたのですね。凄いなあと思います。

そこが私には欠けていました。
プロと称する方から言われたことを鵜呑みにして、目の前の小次郎のことを
きちんと見ることが出来ず、またそのしつけ法を辞めることは小次郎を混乱
させることになってしまうなどとバカなことを思っていました。

小次郎が「母ちゃん止めてよ。おいらは嫌だよ」と必死に訴えているのに
その事に気づかなかったのです。いえ、気づこうとしなかったのです。

リードショックや吊り上げは、小次郎の心を傷つけ自分や家族の心も傷つけました。
あの時の苦しみ辛さは一生忘れることはないと思います。

だからこそ、今、私に出来る限りの愛情を注ぎたい、小次郎の笑顔を少しでも
増やしたいと思っています。

小次郎の良いところをいっぱい見つけて褒めて…そんな毎日は本当に幸せです。
最近は他のワンコさんとすれ違う時に、止まってはしまいますが、ガウガウする
ことなくスルーすることが出来るようになりました。

そのときには“どや顔”をするんですよ。私の顔とおやつの入っているポケットを交互に
見て、「おいら頑張ったでおやつおくれ」と言います。「そうやなあ。頑張ったなあ。
偉いよ。凄いよ。お利口さん♪いい仔ちゃんやったね~」と大好きなレバーを2切れで
満足して歩き始めてくれます。

意思の疎通ができることの素晴らしさは口では言い表せないですね。
私はまだまだ勉強不足ですが、それでも小次郎は物凄く変わりました。

娘たちは“顔がやさしくなった”“目が穏やかになった”と言います。
マメタは「かわい過ぎる♫ 可愛さマックス♡」と溺愛しています。

種の違う犬を、犬として尊重し愛情を持って関わっていけば、強制訓練は
必要ないと思います。支配性理論は間違っています。

500頭か1000頭に一頭居るか居ないかの怖ろしい犬だと言われた
小次郎ですが、穏やかで物静かな仔です。お散歩のときに、怖かったり
びっくりしたり、時には嬉しすぎて興奮し高速回転することがありますが、
犬ですから、そんなこともありますよね。

近くの高校の男子生徒が高速回転するコジを見て「かわいい!むっちゃ
かわいいし」と言ってくれていましたし、近くのクリニックの看護師さんも
同じ事を言ってくださって(;^_^A 見る人によってはそう感じてくださる
のですね(^^)/~~~ 時にはドン引きの方もみえますが(>.<)

小次郎との時間を大切にし、小次郎から貰った幸せを小次郎に少しでも
返していけるようにと思っています。

コメントありがとうございましたm(__)m

No title

先日はコメントありがとうございます(´ー`)ノ
記事をはじめから読まさせていただきました
悲しいつらい状況に心が痛みますが、
小次郎くんの愛らしい写真があるから
あ~今は幸せなんだなって先回りして安心しています(´艸`)

さて、コメントのお返事にも少し書きましたが
ハナも小さい頃にはずいぶん手を焼いた時期がありました
何分、犬を飼うのは初めてで当時は直面することに右往左往しっぱなしでした

甘噛みが本気噛みかと思うくらいの激しさと
抵抗するときの獣のような目つき…
どのしつけ本に書かれているマズルコントロールなんて
どうやってもできない状況でした

自分のしつけが甘すぎてリーダーに成りきれていないと思いつつ
本質的に矯正できない因子を持って生まれてきたんじゃないか…
と思ったり、それはそれは悩むことばかりでした

ちなみに当初は両腕が噛み傷だらけで、
お店のレジでお金を出す時も手を引っ込めたくなるぐらいな感じでした

それでも24時間そんな状態なわけではなくて
考えれば楽しいことの方が何倍もありました
その愛おしい気持ちが積み重なっていくうち
いつしかハナの激しさも和らいでいった気がします

私の場合、本の知識に左右されてしまったクチですが
育児本が皆に適応して正しいとも限らない、、ということを
恥ずかしながら大分後になって気づきました

本当のところ今でも興奮するとたまに噛んでしまう時があるので
しつけ的にはなってないのですが、
その興奮させる状況を作らないように気を付けるようにはしています

ずいぶん長くなってしまいましたが
これからもぐーたらなハナともどもよろしくお願いしますね(*´∀`)ノ

Re: No title

ハナちゃんのママ♪

ハナちゃんのブログ、思わず吹き出してしまいます。
どこでもゴロンって(*^m^*)

きっと行く先々で可愛がられているんだろうなあって
思います(#^.^#)

ハナちゃんも甘噛みが酷かったんですね。本当に、毎日
毎日のことですから、余りにも酷いと、どこか異常がある
のではないかと思ってしまいますよね。

私も物心ついてからは洋犬しか飼ったことが無かったので
和犬のことは何も分からず、専門家に頼りきってしまいました。

でも、その犬と暮らしていくのは私たち家族です。だから、
やっぱり自分たちで努力して工夫して、犬との関係を作って
いかなければ意味がないと思いますし、それが犬を飼うことの
醍醐味でもあるのではないかと思うようになりました。

支配性理論に翻弄されて、何が大切なのかが見えなくなって
しまっていた2年前。小次郎を手放そうかと思ったときも
ありました。私たちでは小次郎を幸せにできないと思ったのです。

でも、あの時に踏ん張って良かったです。今は毎日が楽しくて
幸せで、丸ごとの小次郎が愛おしいです。


> それでも24時間そんな状態なわけではなくて
> 考えれば楽しいことの方が何倍もありました
> その愛おしい気持ちが積み重なっていくうち
> いつしかハナの激しさも和らいでいった気がします

何か心に沁みる言葉です。種は違うけれど、絶対に伝わる
ものがあると私も思います。

小次郎も家の中では落ち着いておとなしい仔なんですが、
外に出ると興奮のスイッチが入ることがあります。

最初は異常があるのでは?などと心配していたのですが、
柴犬は興奮して回り出すことがあると聞きました。
そして小次郎の性格が分かってくるうちに、その行動には
意味があるんだと思うようになりました。

意味なく興奮するのではなく、小次郎なりの理由がある
ようです。そのときに私が極力動揺せずに落ち着いて
声掛けすることで興奮のスイッチが早く切れるように
なってきました。

一緒に暮らすこと、楽しい時間を共にすることで
気持ちが通じ合うように感じることが多くなってきました。
とても幸せです。

小次郎は愛想もへっちゃくれもない仔ですが、時間を
重ねていく中で、もしかしたら、もう少し私たちに甘えて
くれるようになるかもしれないと密かに期待しています。

これからも宜しくお願いしますm(__)m
コメント、ありがとうございました。

No title

こんにちはー
今日は土曜日、毎週土曜日はうちの海君のしつけのトレーニングの日です。
先日こちらのブログを拝見してから、トレーニングの度にマメタさんのこと、思い出します。
今、うちの海君は他のワンちゃんにワンワン吠えて、楽しく他のワンちゃんと遊べる機会を失う事がなくなるよう、海君をコントロールできるよう海君と私が頑張っております。っていうほど頑張っていないのですけどね。
そういえば、最初に海君のしつけをお願いした時は、リードショックを教わりました。
結構こちらがドン引きするくらい強いで心配しました。トレーナーさんみなさん、色々な考え方があるようなのでそれが悪いも良いも言えないようです。
でも、何よりそのワンちゃんへの愛情があるかないか、それにすべてかかっているような気がします。
辛いと思いますが記録は大事だと思いますので、頑張っていただいて、
マメタさんの日常のブログがスタートするのが楽しみでーす♪♪

Re: No title

タツ君母さま♪

コメントありがとうございます(#^.^#)

しんどい記録もあと少し…もうひと頑張りです(T_T)

そうですね。ワンコさんがシアワセに楽しく暮らしていけるように、人が
コントロールしていくことはとても大切なことだと思います。

ただ私はこの事があってから色々と調べました。最近の文献に、犬の首の
構造は人の首の構造と非常によく似ていて、リードショックを何度もすると
頸骨が歪んだり、気管支虚脱になり犬を死ぬまで苦しめることになると
書いてありました。

素人のテクニックでは無理で、長年の調教テクニックがあって機能する
ものであるとも書いてありました。

素人の不適切なリードショックで死亡した小型犬がいるそうです。
そういう危険を孕んでいるという事を、プロだからこそしっかり把握して
欲しいと思うのです。

看板をあげてみえるトレーナーさんですから、当然それで生計を立てて
みえる訳で…でも犬をお金儲けの道具としか考えてないような訓練士が
いることはとても悲しいことだと思います。

小次郎の日常、カメラを構えていても、ついつい小次郎を肉眼で見たく
なってしまって(;^_^A  なかなか上手く写真や動画が撮れなくて
四苦八苦しています(>.<)

半年くらい前まではリード操作をするのに必死で写真を撮る余裕が
ありませんでした。だから、カメラを持って行こうと思えるように
なったのは極最近のことなんですよ。

海君、「きょうのわんこ」出演決定 
おめでとうございます(*'∇')/゜・:*【祝】*:・゜\('∇'*)
海君ハンサムだから、きっとテレビでも素敵に映るんだろうなあ(^.^)

放映日、教えてくださいね♪




> こんにちはー
> 今日は土曜日、毎週土曜日はうちの海君のしつけのトレーニングの日です。
> 先日こちらのブログを拝見してから、トレーニングの度にマメタさんのこと、思い出します。
> 今、うちの海君は他のワンちゃんにワンワン吠えて、楽しく他のワンちゃんと遊べる機会を失う事がなくなるよう、海君をコントロールできるよう海君と私が頑張っております。っていうほど頑張っていないのですけどね。
> そういえば、最初に海君のしつけをお願いした時は、リードショックを教わりました。
> 結構こちらがドン引きするくらい強いで心配しました。トレーナーさんみなさん、色々な考え方があるようなのでそれが悪いも良いも言えないようです。
> でも、何よりそのワンちゃんへの愛情があるかないか、それにすべてかかっているような気がします。
> 辛いと思いますが記録は大事だと思いますので、頑張っていただいて、
> マメタさんの日常のブログがスタートするのが楽しみでーす♪♪