迷い…そして

DSC00040.jpg

冷静に考えれば主人の言う通りです。預託をしようかどうか
迷っていたときにトレーナーさんは何も難しいことはないと
言われました。60歳を越えている人たちもちゃんと出来て
いる。ルールさえ守れば大丈夫だと。

トレーナーさんは私達が話をちゃんと聞いてないと言われ
ましたが、私たちはトレーナーさんの指導を総てビデオ撮影し
何度も繰り返し観ていました。その中で言われていることは
忠実に守っていました。だから一体何が悪いのか、どうして
こんな言われ方をしなければならないのか分からなくなって
きていました。

結局はリードショックをかけるタイミングが遅い、かけるときに
躊躇うからダメだ、よしよしの声かけのリズムが悪い、歩く
速度が速過ぎるetc 練習を積まなければ出来ないことや、
指導をしてもらってないようなことをダメだしされていました。

2回目の訓練所訪問のときに、足拭きの指導を受けました。
小次郎はいつも抱っこをして足拭きをしていたのですが、
その時に足の関節のところを持って、足がピンと伸びた状態
で拭くと良いと言われました。

小次郎が4月に帰って来たときに、娘さんが指導をして
くださりお手本を示してくださったのですが、普通に脱力した
状態で拭いてみえて、そこまで細かいところに拘らなくても
良いと思うと言われました。

スカイプで足拭きの状態を見たいと言われ、普通に拭いた
ところ、関節のところを持って拭くように指導したのに、また
言った通りにしていないと怒鳴られました。

もうそこまでくると、粗探しをして、難癖をつけられているように
感じました。

納得できない気持ちもどこかにあるのに、何よりも小次郎の
シアワセを第一に考えてくださっているから、飼い主である
私達に厳しくなるのだと思う。決して悪気がある訳ではないと
思う。

まず私が頑張って吊り上げを成功させて小次郎との関係を
きちんと作れば、自然とマメタも小次郎との関係が作れると
思うし、そうなれば穏やかで平和な毎日を送れるようになる
から、もう少し時間が欲しいと主人に頼みました。

そしてマメタの部屋に行き、今、小次郎と私の関係
作りをしっかりしなければならない状況であること、
私と小次郎の関係がきちんと作られれば、自然と
マメタとも上手くいく、それまでは私がメインになって
小次郎と関わるようにと○田さんから指導されたから
暫く見守って欲しいと話しました。

マメタは泣いていました。私の話から、自分は小次郎と
関わらない方が良いと察したのかもしれませんでしたが、
もしかしたら、スカイプでの話しが聞こえていたのかも
しれないと思いました。

あんなに小次郎を可愛がり、大切に大切に慈しんでいた
マメタ。マメタは預託には反対でした。そのマメタを説き伏
せて半ば強引に預託を決めてしまい、挙げ句こんなことに
なってしまった…どれほど傷つき、私たちを恨んだことか
と思います。

小次郎が預託から帰って来るときには、嬉しくて嬉しくて
笑顔でいっぱいだったのに、いつからか家の中は暗くなり、
どんよりとした空気が流れるようになっていました。

笑い声が絶えなかった家庭は一体どこに行ってしまった
のだろうか。どうしてこんな事になってしまったのだろうか。
想像もしていなかった事態に陥り、どんどん追い込まれて
いくような気がしました。

そしてその日から、マメタは小次郎のお散歩に行か
なくなってしまいました。

DSC00008.jpg
マメタ姉ちゃん、どうしておいらとお散歩行かないの(T_T)
何もかも母ちゃんだけが悪い訳じゃないよ! 早く気づいてよ、本当に大切なことは何なのか。
それまでおいら頑張るからさd(^-^)ネ!

コメント

非公開コメント

初めまして。
私ももうじき2歳の黒柴犬と一緒に暮らしています。

胸が痛くなってしまい、とても読む事が出来ません...
本当にとても辛い目にあってしまいましたね。ご家族も、小次郎君も。

私も小さい頃から動物が大好きだったのですが、犬猫と暮らした事はなく、ようやく決心して一緒に暮らし始めたむぎ(犬の名前です)が、人に向かって牙をむくようになり、散歩が出来なくなり、途方に暮れておりました。

でも、いろいろあって、ようやく彼本来の性格(?)を尊重できるようになり、ずいぶん穏やかな暮らしが出来るようになりました。

自分が自分らしく、むぎがむぎらしく、それぞれの「らしさ」を出しつつも、お互いに幸せである事を目指して、のんびり、ゆっくり、穏やかに暮らして行こうと思ってます。

マメタ母さんも、マメタさんも、なにより、小次郎君が、いままで辛かった分、たくさん、たくさん幸せになりますように。

Re: タイトルなし

muginusiさま♪

初めましてm(__)m

内容が内容だけにブログに綴るには勇気が要りました。
当然、嫌悪感を抱かれる方、私たち飼い主に反感を持たれる方も
多数おみえになると思いましたし、何よりもその時のことを思い
出すことは、とても辛く後悔の念が湧き出てくることでもあり…。

でも…こんなにも古くそして非人道的な方法があたかも犬のしつけの
王道のように蔓延っているのはおかしいと思いました。

私のような一飼い主が声をあげたところで何も変わらないかも
しれませんが、もしかしたらこれから犬を飼おうと思ってみえる方や
犬を飼い出して悩んでみえる方の目に留まり、支配性理論に翻弄
される事なく犬との生活を考えてくださるきっかけになればと思い
綴ることを決めました。

今、小次郎と幸せに暮らせているかこそら綴ることが出来たのだと
思います。小次郎の犬としての尊厳を守り、犬らしく幸せに暮らす為に
私たち家族が出来ることは何か。

不必要なストレスをかけることなく、どうしても避けて通ることの
出来ないストレスをクリア出来るようにサポートする。そして、いつも
穏やかで優しく大きな心で接するよう心掛けています。

> 私も小さい頃から動物が大好きだったのですが、犬猫と暮らした事はなく、ようやく決心して一緒に暮らし始めたむぎ(犬の名前です)が、人に向かって牙をむくようになり、散歩が出来なくなり、途方に暮れておりました。

私も子どもの頃から動物が大好きで、実家では犬を飼っていたのですが、
結婚し子どもが生まれ、子育てが大変な時期に犬を飼うことは出来ないと思い、
子ども達の手がはなれて、やっと飼い始めたのが小次郎でした。

> でも、いろいろあって、ようやく彼本来の性格(?)を尊重できるようになり、ずいぶん穏やかな暮らしが出来るようになりました。

種の違う犬ですから、分からないことばっかりで…犬について学ばなければ
尊重してあげることはなかなか難しいですよね。

> 自分が自分らしく、むぎがむぎらしく、それぞれの「らしさ」を出しつつも、お互いに幸せである事を目指して、のんびり、ゆっくり、穏やかに暮らして行こうと思ってます。

時間をかけてお互いを理解し、段々とコミュニケーションが取れるようになるって
本当に楽しくて幸せなことだと実感しています。

> マメタ母さんも、マメタさんも、なにより、小次郎君が、いままで辛かった分、たくさん、たくさん幸せになりますように。

ありがとうございます。涙が出ます。
たくさん、たくさん幸せになれるよう、頑張ります。
むぎ君と母さまも、いっぱいいっぱい幸せになってくださいね。

コメント、ありがとうございましたm(__)m

こんにちは!

マメタ母ちゃんさん、こちらから初めましてでこんにちは!

本当にこういった情報を発信するのってとても勇気がいることだと思います。
ありがとうございますと言わせてください。

そしてここまで酷い状態ではなくても、意味のない都市伝説や間違った情報に翻弄されてしまう人はまだまだ沢山ですよね。
特に柴はきつい個体が多い、柴特有の、今しっかりやらなければ、みたいな言葉が普通に氾濫していますから。
ワタシも少なからずそんな言葉に踊らされ、真のリーダーになるためには歩子が諦めるまでひっくり返すことが必要なんだ、なんて思っていましたから。

マメタさんが動物関連のお仕事を望んでいるとのこと、とても嬉しく感じました。

これからの更新も辛かったことを描くのは大変なことだと思いますが、
応援しています。






Re: こんにちは!

paraさん♪

コメントありがとうございますm(__)m

ネットで検索しても、本屋さんに行っても、まだまだ支配性理論が
王道のような気がします。

でも…吊り上げを成功させなければとんでもないことになる、
小次郎は500頭か1000頭に1頭いるかいないかの怖ろしい犬
であると言われましたが、とんでもない事にはなっていませんし、
小次郎と暮らし始めて2年半(預託期間があるので実質2年程)に
なりますが、そんな怖ろしい犬だとは思えません。

確かに興奮しやすい所はありますが、だからと言って咬むことも
吠えることもないですし、何をもって怖ろしい犬だと言われるのかが
理解できないのです。

ただ、預託にこぎつけるために飼い主の恐怖心を煽ろうとして
そのような事を言われたのではないかと…。

> 特に柴はきつい個体が多い、柴特有の、今しっかりやらなければ、みたいな言葉が普通に氾濫していますから。

確かに頑固なところがあるし、洋犬のように尻尾をブンブン振って
スリスリ甘えてくるようなタイプの犬ではないですから、そういうことも
手伝ってそんな風に言われるのではないかと思います。

> ワタシも少なからずそんな言葉に踊らされ、真のリーダーになるためには歩子が諦めるまでひっくり返すことが必要なんだ、なんて思っていましたから。

私が幼い頃に実家で秋田犬を飼っていたそうですが、全く記憶にありませんし、
物心ついてから和犬は飼った事がなかったので、私もそんな言葉に踊らされて
いたひとりです。踊らされただけならまだしも、ひとつ間違えばとんでもない
ことになっていました。

> マメタさんが動物関連のお仕事を望んでいるとのこと、とても嬉しく感じました。

私たちの地方は田舎なので、動物病院もそれほど多くはなく、就職の
ことなど考えると不安はあるのですが、自分がやりたいと思う事を
仕事に出来るのは幸せなことだと思いますし、それだけ傷ついた気持ちが
癒されてきたのかなあと。

> これからの更新も辛かったことを描くのは大変なことだと思いますが、
> 応援しています。

もう少しで私の目が覚めるところまできています。
どうしてここまで翻弄されたのか、今になって思えば不思議でならないの
ですが、洗脳に近いものだったんでしょうね。

応援ありがとうございますm(__)m
また歩子ちゃんのブログにもお邪魔させてください(#^.^#)

Re: 初めまして。

鍵コメさま♪

コメントありがとうございますm(__)m
本当にあった嘘のような出来事だと、こうして記事にしながら
つくづく思います。

こんな事を信じてしまうなんて、常識的に考えればあり得ない
ことなのに…自分が情けなくて恥ずかしくて。

でも現実なのです。こんな無茶苦茶なしつけ法や商売の仕方が
まかり通っているのです。そして、何人もの人がこの方法を
100パーセント信じて真面目に一生懸命学んで実践して
みえます。

私ほどじゃなくても、預託した人の中には、こんな風に切り
捨てられて傷ついた人もみえるのではないかと思います。

もっともっと世の中に人道的で正しい“犬との関わり方”が
浸透して欲しいと思います。

これからも宜しくお願いします。
鍵コメさんのところにもお邪魔させてくださいね♪

はじめまして。

マメタ母ちゃんさんはじめまして。
生後5ヶ月の柴犬もみじと暮らしておりますもみじといいます。

こちらのブログは、ずっと貴重なものとして読ませていただいてました。
こちらが胸を痛める何倍も、書くのがお辛いときもあったかと思います。

我が家のもみじはペットショップからうちにやってきて1ヶ月がたちましたが、絶賛甘噛み中です。(^-^;
「甘噛み」と呼んでいいのか!?というぐらいの力で噛むことも(^-^;
うちにやってきて2、3日のうちにそれは始まり、主人とふたり、だめなことはだめって言わなきゃ~!と
大きな声でダメ!口を押さえてダメ!ひっくり返してダメ!

よくあるアレを数日続けていました。

しかしもみじさんは逆に怒り狂うばかりで、しまいにはなんだか私たちを警戒するそぶりまで…。

こりゃ変だ!おかしいぞ!
と思ったときに、チャーリーママさんやこちらのブログを見つけました。

私はもみじを迎える前は四国犬さくらを飼っていて、その子には上の方法が有効でした。
けど私は考えてなかったんです。

さくらは4ヶ月までおかあさんのもとにいたこと。もともと外飼いで、いろんなことに耐性があったこと。
かたやもみじは生後45日くらいでおかあさんから離され、ずっとペットショップ。

この二匹の違いを何も考えていませんでした。
同じ犬、でもこんなにも違いがあること。

「こんなときはこうすれば大丈夫」
そんなマニュアル、きっとないんでしょうね。擬人化はよくないけど、ヒトの子供と同じこと。ネットとにらめっこする前に、目の前にいるその子をちゃんと見ることのほうが数倍大事ですよね。

そんなふうに考えて、目の前のもみじをちゃんと見ようとしはじめたら、もみじの警戒はだんだん薄れていきました。

しかしまだガブガブは収まりません(^-^;
将来ガブガブにならないか、不安になることもありますが…

チャーリーママさんやマメタ母ちゃんさんの言葉を思い出して、軸を見失わないようにしようと思います。

また来ますね。
コジちゃんとご家族に、たくさん楽しいことがありますように。










Re: はじめまして。

もみじちゃんのママ♪

コメントありがとうございます。

> こちらのブログは、ずっと貴重なものとして読ませていただいてました。

そんな風に言っていただいて、とても嬉しいです。
その時の感情が蘇ってくるときがあって…でも自分への戒めとして
この出来事を忘れることなく、今の幸せに感謝して小次郎を大切に慈しんで
暮らしていかなくてはと思っています。

小次郎も甘噛みとは思えないほどの噛みでした。触れないほどで、この仔は
異常なのではないかと思いました。

> うちにやってきて2、3日のうちにそれは始まり、主人とふたり、だめなことはだめって言わなきゃ~!と
> 大きな声でダメ!口を押さえてダメ!ひっくり返してダメ!
>
> よくあるアレを数日続けていました。

本を買ってもネットで調べても、そう書いてあるものが凄く多い
のですから、そうなってしまいますよね。私もやりました。

> しかしもみじさんは逆に怒り狂うばかりで、しまいにはなんだか私たちを警戒するそぶりまで…。
>
> こりゃ変だ!おかしいぞ!
> と思ったときに、チャーリーママさんやこちらのブログを見つけました。

そうやって目の前の犬を観て“これは変だ”と思われたこと、
素晴らしいと思います。そしてチャーリーママさんのブログを
見つけられたんですね。良かったです♪

> 「こんなときはこうすれば大丈夫」
> そんなマニュアル、きっとないんでしょうね。擬人化はよくないけど、ヒトの子供と同じこと。ネットとにらめっこする前に、目の前にいるその子をちゃんと見ることのほうが数倍大事ですよね。
>
> そんなふうに考えて、目の前のもみじをちゃんと見ようとしはじめたら、もみじの警戒はだんだん薄れていきました。

種が違うから、伝え方や方法に違いはあると思いますが、
根本的なところは人の子どもと同じですよね。

> しかしまだガブガブは収まりません(^-^;
> 将来ガブガブにならないか、不安になることもありますが…

あんなに甘噛みが酷かった小次郎ですが、甘噛みがおさまってからは
咬んだことは一度もありません。子犬のときに通る道なのではないかと
思います。そしてその時に適切な対応をすれば、ガブガブな仔には
ならないだろうとも思います。

> チャーリーママさんやマメタ母ちゃんさんの言葉を思い出して、軸を見失わないようにしようと思います。

どうしても直ぐに結果を求めてしまう時があると思います。
でも、今、私が言えること…目の前の仔を丸ごと受け止めること、
お利口さんだから愛おしいのではなくて、居てくれるだけで嬉しくて、
一緒に暮らしていくことで益々愛おしさが増してくる…時間をかけて
家族になれるのではないかと思います。

> また来ますね。
> コジちゃんとご家族に、たくさん楽しいことがありますように。

是非、来てください。
もう少ししたら、のんびり まったり ゆるゆるの毎日を綴りたいと
思っています。

素敵なコメントをありがとうございましたm(__)m

はじめまして

何の検索でヒットしたのか・・・ ちょっとショックで体が緊張しています。
と、いうのも、何とか流ではないのですが、我が家の愛犬も厳しいご指導の下に犬育てをしてきたのですが、その時の指導者への不信感や、この方法で良いのかという戸惑いや、散歩が怖い気持ち・・・いろんな事がフラッシュバックしてきたからです。
愛犬が4か月の時にその方に相談をし、Yを見た瞬間に「このこは・・・」と決め付けられて・・・  小次郎くんママの気持ちと沢山重なる部分が多くて、ブログを拝見して、気持ちが重くなりましたe-259(その時の自分を思い出して)
いま、愛犬Yは8歳ですが、ずーとこの育て方について後悔をしています。 
 犬育ては初めてで、その方のご指導通りに従ってきたのですが、いまYは不安定な子に育っています。
もっとこうしてあげていれば・・・という思いでいっぱいですが、愛おしくて愛おしくて(TT)  
私の今の目標は、Yに「家の子になって幸せだったと思ってもらえるように過ごすこと」です^^

続きはまだまだあるようですが、サブタイトルを見て安心しています。 小次郎君はまだ若いから、きっと心のリハビリも可能だと思います。  


支離滅裂でごめんなさい。 これからのブログにまたお邪魔させてください。
いま目から洪水TT

Re: はじめまして

Yのママさま♪

コメントありがとうございます。

フラッシュバックするお気持ち、本当によく分かります。
私も同じです。

3月頃から5月頃までの季節感やその頃にお散歩していた道を
通るだけでも気持ちが重くなってしまう事があります。
それは言葉では表せない、何とも言えない気持ちです。

春から夏にかけては大好きな季節だったので、少し残念な
気がしますが、もう少し経てば…そう思っています。

> 愛犬が4か月の時にその方に相談をし、Yを見た瞬間に「このこは・・・」と決め付けられて・・・  小次郎くんママの気持ちと沢山重なる部分が多くて、ブログを拝見して、気持ちが重くなりましたe-259(その時の自分を思い出して)

Yのママさん、「このこは・・・」という言葉は信じなくて良いと思います。
小次郎なんて500頭か1000頭に1頭いるかいないかの怖ろしい犬だと
言われたのですが、そんな事はないと私は確信しています。

訓練士と看板をあげてみえる方の中には、お金儲けのために、そのような
事を言って、素人の恐怖心を煽る方があるのだと思うのです。

> いま、愛犬Yは8歳ですが、ずーとこの育て方について後悔をしています。 
>  犬育ては初めてで、その方のご指導通りに従ってきたのですが、いまYは不安定な子に育っています。

8歳ならまだまだこれから先、一緒に暮らす時間が沢山ありますね。
支配性理論を自分の中から排除して、とにかく目の前の君が大好きだよと
いう気持ちを伝えるだけで、小次郎との関係は凄く変わりました。

直ぐに結果が出るものではありません。でも、いつの間にか
不安定だった小次郎がとても安定してきました。特別なことは
していません。犬の嫌がることをせず、優しさと思いやりの気持ちで
関わり、快適に過ごせるように心がけただけです。
小次郎の大好きなおやつを忘れずに♪

> もっとこうしてあげていれば・・・という思いでいっぱいですが、愛おしくて愛おしくて(TT)  
> 私の今の目標は、Yに「家の子になって幸せだったと思ってもらえるように過ごすこと」です^^

私も同じ気持ちです。Yママさんのお気持ち本当に痛い程分かります。
今でも自分のしてしまった事を思うと涙が出ます。

でも、ある方が言ってくださいました。
『過去は消せないし罪は消えない。その罪を背負って、でも
 “ごめんね”と凹む気持ちを笑顔で「いい仔だね~」「お利口さん」
 に変えて前を向いて歩んで行くほうがいいよね』と。

> 続きはまだまだあるようですが、サブタイトルを見て安心しています。 小次郎君はまだ若いから、きっと心のリハビリも可能だと思います。  

Yちゃんも心のリハビリは可能だと思います。だって、こんなにYちゃんのことを
愛おしく想ってくださってるママがいてくれるのだから(#^.^#)

> 支離滅裂でごめんなさい。 これからのブログにまたお邪魔させてください。
> いま目から洪水TT

支離滅裂なんかじゃないです。お気持ちが手に取るように分かり、辛いです。
是非遊びに来てくださいね。