私たちに出来ること

Screenshot_2014-07-14-22-22-11.png

もう絶対にリードショックは使わない、チョークチェーンも
使わないと強く心に決めていました。
ただ、余りにも小次郎の引っ張りが強く、また通常の首輪では
いとも簡単に抜いてしまうので、ハーネスを使おうかと思うように
なりました。

そして、なるべくゴミや放置便の少ないところを自由に歩ける
散歩を心がけました。

主人は拾い食いをする為に匂い嗅ぎをしているような
ものだ、こんな事をしていて良いのかと言いましたが、
私はある程度の拾い食いは仕方ないと腹をくくっていました。

今まで小次郎の犬としての尊厳を無視して抑え込もうと
していたのですから、そのツケが回ってくるのは当然だと
思ったのです。

でも結果は急がない。崩してしまった信頼関係を修復
するには何倍もの時間がかかるのは、人でも犬でも
同じ。とにかく、今までのストレスを何とか緩和させて
あげる事を一番に考えよう。

その為に私たちの出来ることは何なのか。それを自分の
頭でしっかりと考えて選び、取り組んでいこう…不安な気持
ちを抱きながらも、そう自分に言い聞かせていました。

たまたま自宅から直ぐのところに土手があり、たっぷりの
草や土の匂い取りをすることが出来たので、なるべく土手
散歩をするようにしていたのですが、ゆっくり匂い取りを
することは殆どなく、いつも何かに駆り立てられるように
肩をいからせて歩き、私が躓いたり、リードが足にからま
ったり、鳥が飛び立つ音に反応し、また時には突然興奮の
スイッチが入り、度々高速回転する小次郎でした。

そんな姿を見るのは辛かったです。小次郎をそんな状態に
してしまったのは紛れもなく私でした。興奮し走り惑う
小次郎を見て、悲しくなると同時に「ごめんね 小次郎。
本当にごめん」といつも心の中で謝っていました。

どなたかのブログで、トゥーリッドルーガス氏の
カーミングシグナルの著書の存在を知り購入しました。

その著書を読むと、小次郎の状態はまさにストレスの
コップがいっぱいの状態であることが容易に想像できました。

とにかく小次郎の嫌がることをしないようにしよう、今まで
抑え込まれて我慢に我慢を重ねてきた小次郎のストレスを
まず発散させることが今一番大切なことだと思いました。

そしてストレスマネジメントをすることが信頼関係を取り戻す
ために必要なことだと思いました。それ無くして信頼関係を
取り戻すことは出来ないと思いました。

ハーネスを購入し、お手製のロングリードを繋ぎ、
草や地面、他犬の排泄物の匂いを十分取らせてあげる
こと…それが唯一私たちに出来ることでした。

DSC00182.jpg
母ちゃん、おいら自分で自分が抑えられないんだ(。>0<。)
何だか分からないけど、変なもの食べちゃったり、引っ張っちゃったり(T_T)
でもさ、母ちゃんがそんなおいらを受け入れてくれるなら、おいらきっと家族になれる(・o・)ノ ハーイ!!
だから…もう少し時間が欲しいんだ(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪

コメント

非公開コメント

No title

うちも充分ストレスの無いように、好きなようにお散歩してもらう、を実践していても
広場に出ると尻尾追いくるくるをしてしまうのをみて、イライラしてるのかな?散歩が不満なのか?って思った記憶があります。

でもまだ人で言えば青春真っ盛りのころ、そりゃイライラもパワーもあるさ、と受け止めて。。。
そんな風にそのままの状態を受け止めるってことが大事なんでしょうね。
小次郎君、自由にしていい、っていうのがどんなもんだかまだわからない状態だったんでしょうね。

でも本当に思います。
何も構わないほうが犬がおかしくなる確率って低いよな、って(笑
外犬がほとんどだった昔はきっと飼い主もそんなに手をかけない(かまい過ぎない)状態だったのかもしれないですけど、
きっとそのくらいの距離感がちょうどいいのかもしれませんね。特に柴のような独立心旺盛なワンコは。

歩子は今ではそれこそ自主性の強過ぎる犬になりましたけど(^_^;)
これから変化していくコジちゃんの様子を読むのが楽しみです。

Re: No title

paraさま♪

思春期、反抗期の子どもって、成長ホルモンの影響で
訳もなくイライラするそうです。

それは成長ホルモンが沢山出る為に、全体的なホルモンの
バランスが崩れるからなんだと聞きました。

人間でもそうなんですから、ワンコさんも当然そういう
ことってあると思います。“若さ故”…いつか若いワンコさんを見て、
あーうちの仔も若い頃はあんなだったなあって懐かしく思うような
気がします。

あの頃の小次郎は今みたいに座り込んだり、
「母ちゃん、σ( ̄。 ̄) オイラの行きたいのはそっちじゃないよ!」
って足を突っ張ることもなかったです。

オイラ、ここに居ますって鼻ツンしたり、「オイラもアイス大好き
だからね」って私の太腿を前足でカリカリすることもなかった…自己主張
できなかったんだと思います。

だから、自己主張できるようになったこと一つとっても、私にとっては
(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーーことです。余りにも
動いてくれないと仕方なく抱っこしますが……。仕事があるでしょう。
コジの座り込みに付き合ってたら遅刻しちゃう/(-_-)\

本当は45分くらいのお散歩にしたいのですが、いっつも1時間以上
かかってしまうのです(^.^)今はそれが課題かなあ(*^m^*)

外飼いの感じで中で飼うのは初心者には難しいですね。かわいくて
かわいくて、ついつい見ちゃう構っちゃう(>.<) 今なら構い過ぎず
関われそうな気がしますけど(^^)/~~~

もう甘々ゆるゆるダラダラな毎日で(;^_^A
飼い主失格な私です(><)