笑顔のために

DSC00033.jpg

小次郎の大好きなおやつを手作りし、おやつを食べて
ホッとできる環境を心がけました。

小次郎との関係を修復するには、時間をかけて私たち
家族が小次郎にとって危険な存在ではないことを伝えて
いかなければならないと思いました。

小次郎にとって私たち家族…特に私は命に危険を及ぼす
最も警戒すべき存在であったのです。その小次郎の私たちに
対する不信感を払拭するためにはどうすれば良いのか。
人道的な方法、取り組みを探す毎日が始まりました。

色々な人のブログを拝見しました。
読むというよりも、読み漁るという感じだったように思います。

そして、支配性理論とは全く違う、犬を理解し、リード
ショックや罰を用いないで、日々穏やかに暮らしてみえる
方が沢山みえることを知りました。

支配性理論に洗脳されていたけれど、心のどこかに
どうしても相容れない想いがあり強制訓練を受け入れる
ことが出来なかった私にとって、人道的で叱りを用いないで
犬との楽しい生活を送ってみえる方のブログは
暗闇を照らす一筋の光のようでした。

とにかく小次郎が心を開いてくれるように…その為に
どのように関わっていけばよいのかが私の課題でした。

愛情を持って、慈しむ気持ちを持って、小次郎が快適に
暮らせるように…そのことだけを心掛けましたが、一度
掛け違えたボタンはなかなか元にはもどりませんでした。

私たちがどれだけ愛情を持って関わっても、幼い小次郎に
与えた影響は物凄く大きく、小次郎は私たち(特に私)を
危険とみなし、何に関しても警戒している様子が見て取れました。

食べ物はくれるけど、好きにはなれない、危険な存在…当然のことでした。

でも、罰を用いない毎日は少しずつ私の心を穏やかに、
そして○田流に支配されていた自分を解放してくれるようでした。

DSC00079.jpg
母ちゃん…おいら母ちゃんのこと嫌いじゃないんだ(。・_・。)ノ
でも、またガツンって引っ張られるんじゃないかって怖くなってしまうんだ(・_・;)ウ・・ ウン
だけど最近笑顔が増えた母ちゃん、美味しいものいっぱいくれる母ちゃん、何だか
ほっこりしてる母ちゃんだから、ちょっと好きになれるかもしれないなー(#^.^#)

コメント

非公開コメント

No title

マメタ母さん・・
コジくんもご家族の皆さんご一家、全てが深く傷ついた月日でしたね。

でも、今、方向転換できたことは
ほんとうに良かったです。

お写真のコジくん
とっても可愛い笑顔♪

母さんの気持ちがしっかり通じているんですねe-420

Re: No title

さくらちゃんのmama♪

最近になって、何だか2年前の出来事が夢のように思えます。
それだけ今が幸せなんだと思います。

本当に〇田流と決別出来て良かった…そう心から思います。

今は家族の誰もがコジのお散歩に行くことが出来ます。
時々高速回転するけれど、それもご愛嬌(#^.^#)

さくらちゃんmamaには本当にご心配をおかけして
しまいましたよね。ごめんなさいm(__)m

目下の悩みはお散歩中の座り込みです(;^_^A
行きたい方に行かせないと座り込みます。

でもね、仕事に行かなくちゃならないから、
コジの行きたい方に行ってたら遅刻しちゃうんです(>.<)

朝のお散歩1時間で帰って来られたら早い方なんですよ。
お休みの日は何時間でも付き合いますが、普段は無理です(^.^)

こんな他愛もない事が悩みなんて本当に幸せです♪


Re: No title

鍵コメさま♪

コメントありがとうございますm(__)m

犬は本当に寛大な動物です。
あんな酷いことをした私のことを小次郎は一度も
咬んだことがありません。

きっと何度も何度も咬みつきたかったはずです。
そんな小次郎が500頭か1000頭に一頭いるか
いないかの怖ろしい犬じゃないことは少し考えれば
分かることなのに……。

一連の出来事は2年前のことです。寛大で穏やかな
小次郎のお陰で今は本当に毎日幸せに暮らしています。

ますます愛おしく大切な存在になっています♪



No title

ここから小次郎さんとの絆を模索する日々が始まったんですね^ ^
ゆっくり小次郎さんのペースで関係再構築ってのは小次郎さんも良かったでしょうね♪♪
これからママさんとの関係も少しずつ縮まって、小次郎さんの笑顔も出てくるんでしょうね^ ^
良かった。本当に良かった^ ^

Re: No title

タツ君のママ♪

愛情いっぱいで小次郎が安心して過ごせるように…そう心がけました。
でも、それだけでは関係修復がとても難しかったです。

なのでどうすれば小次郎がもっともっと穏やかに心を開いてくれる
ようになるのか、しつけとかトレーニングとかではなく、関係を修復
するために私に何が出来るのか…それを模索する日々が始まりました。

二度と小次郎に怖い想いはさせない、痛い思いもさせない、絶対に
リードショックは使わない、そして美味しいごはんやおやつを作ること。

そのことだけを実践しました。それだけでも小次郎のストレスが物凄く
軽減されていくのが分かりました。

それと同時に小次郎の表情が少しずつ穏やかになっていくように感じ
ました。それが私たち家族にとって何よりも嬉しいことでした。

小次郎の心を傷つけてしまった分、何倍もの愛情をかけ、小次郎が
私たちの元に来て良かったと思ってくれるように努力しようと思い
ました。それが私に出来る罪滅ぼしでした。

コメントありがとうございます!
温かい言葉をかけていただいて、嬉しいですm(__)m