少しずつ…

DSC00183.jpg


小次郎に対して何を求める訳ではなく、とにかく愛情を

いっぱい持って、小次郎が過ごしやすい環境を作ること。



大したものは作れないけれど、小次郎の好きそうなおやつを

手作りしたり、たまにはご飯も手作りしたり……。



小次郎に近づくときには大きく弧を描くように、目が合った

時には瞬きをし、緊張を感じたときにはあくびをする…私も

カーミングシグナルを使うようにしました。



それでも小次郎は私たちに対して警戒心を解くことはあり

ませんでした。



ふと私自身、幼い頃に物凄く嬉しかったことや嫌だったこと、

悲しかったことを鮮明に覚えている事を思い、小次郎もきっと

同じなのだと感じました。



幼い小次郎の心はどれほど恐怖心と嫌悪刺激で傷ついたことでしょう。

その事を思うと、小次郎の心を癒すためにはどんな事でもしよう、

何年かかってもいい…そんな覚悟がありました。



毎日たっぷり匂い嗅ぎをしながらのお散歩をすること、

小次郎の気持ちを最大限尊重すること(それが出来ていたかどうかは

分かりませんが)、小次郎を必要なとき以外は触らない、

大きな声を出したりバタバタ走り回ったりしない、やたらと

小次郎を見ない等、小次郎にストレスをかけないことを

心がけました。



それまでの生活でストレスのコップがいっぱいになっていた

小次郎はお散歩の間中ずっと匂い嗅ぎをしていました。

私の声も殆ど耳に入らない様子で、私が何かに躓いたりして

歩調が変わるとリードショックをかけられるのではないかと

怯えて興奮することが度々ありました。



それでも〇田流と決別した時のように、肩をいからせて

狂ったように匂いを嗅ぐことは減り、リードをガンガン引っ張る

ことも減ってきていました。



“人”に対する不信感はありましたが、少しずつストレスが

緩和されてきているのではないかと感じました。

140728-9.jpg
母ちゃん、おいらちょっと心が壊れかかってたんだ。・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。
母ちゃんが気づいてくれなかったら、おいら本当に心が壊れてしまってた(T_T)
時間はかかったけど、今は“お嬢”の抱きつきも許せるワンコになったよU^ェ^U ワン!

コメント

非公開コメント

No title

コジくんへの細やかな観察とその優しい対応、
感動の想いで読まさせていただきました。

母さん、すごいです!

コジくん、ママが母さんで良かったね。
こんなにも想ってくれて・・

過去は過去
今は幸せいっぱいだものe-266
それが全てだよね、コジくんe-420

Re: No title

さくらちゃんのmama♪

さくらちゃんmamaの大きな愛情の足元にも及ばない私ですが、
それでも小次郎は私を許してくれたようです。

最近はお散歩のときに私が躓いても怯えることはありません。
ずーっと匂いを嗅ぎながら歩いていたのに、いつの間にか
匂い嗅ぎは気になるところだけになりました。

その上時折私を見てくれるという“おまけ”付きです(#^.^#)

このお盆休み中、私にくっついて眠ることが多くて
長女が「この頃よく、くっ付いて寝るよな」と言ってくれました。

“小さな怪獣?”に襲われそうになるのを何度も防いでいる事も
プラスになっているのかもしれません(´m`)クスクス

犬は本当に寛大で優しい動物だと思います。
嫌なことは極力せずに愛情を持って関わり、快適に過ごせる
環境を整えて、美味しいおやつにごはんを欠かさず…それだけで
こんなに幸せに暮らしていけるのだと小次郎に感謝感謝の毎日です♪

毎日暑いですね。さくらちゃんもしんどい事と思います。
お姉ちゃんに十二分に可愛がってもらったんでしょうね(^.^)

さくらちゃんmamaもお姉ちゃんとの時間を満喫されましたか(●⌒∇⌒●)
お疲れが出ませんように。

感謝m(__)m

No title

丁寧に、優しく、構い過ぎず。。。
この構い過ぎない、というのがなかなか出来ずに知らず知らずにストレスを貯めさせてしまうことが多いのでしょうね。
ついつい可愛いから見てしまう、
退屈そうにしてるからちょっかい出したくなってしまう、
でもそんなにされていたら疲れちゃいますもんね。
うちはお留守番ワンコなのでそれだけで苦労を掛けてるな、って思います。
コジちゃん、ストレスのコップも大きくなって、溜まるものも減ってきて、穏やかに暮らせるようになって。。
良かったね。
そんな姿を見るのが一番の幸せですよね。

Re: No title

paraさま♪

〇田流と決別して当分の間、怯えたり興奮したりする
コジを目の当たりにする度に「ごめんね、ごめんね」と
謝っていました。

でも2か月くらい経ったときに、過ぎたことをいつまでも
クヨクヨ考えてても良いことないよなあって思うようになりました。

前に進むしかない、小次郎の笑顔を見たいから…そう思って
毎日試行錯誤しながら過ごしました(#^.^#)

極力ストレスはかけたくないし、かけないに越したことは
ないと思います。でも、人も犬も生活していく中ではどうしても
避けて通ることの出来ないストレスはあると思います。

そのストレスには“慣れ”ることが出来るようにと
思っています。

「嫌だけど母ちゃんが言うなら我慢するよ」そんな関係に
なれたらいいなあと(*^m^*)

コジがまったり横倒しになって寝てる姿、ヘソ天で寝てる姿を
見ると幸せな気持ちになります(*^^*)

我が家も今は長女が育児休暇中なのでコジも殆ど留守番は
ないのですが、来年からはまた留守番が多くなります(≡д≡)

コジ的にはひとりでのんびり過ごせて良かったりして(⌒▽⌒)
でも飼い主としては遅くなるととても気になるんですよね。