興奮について

IMG_0671.jpg

学ぶ中で、私のわだかまりとしてあった小次郎との
よそよそしい関係の原因が少しずつ見えてきたように
思いました。

小次郎を腫れ物に触るように扱い、いつも興奮させないように
小次郎の顔色ばかり伺っていたのではないかと。

興奮させないという姿勢が小次郎との暮らしを窮屈に,
そしてよそよそしいものにしているのではないか…そう感じました。

嬉しい興奮もストレスになるのではと、嬉しいことも楽しいことも
避けていたのではないか。

擬人化かもしれませんが、人にも嬉しい興奮はあって、それも
ストレスになると言われれば確かにそうかもしれません。

でもそれは心地良いストレスなのではないだろうか。

何の興奮もない生活が小次郎にとって幸せなのだろうか。
小次郎も嬉しい興奮を経験し、心地良いストレスを味わって
成長していくのではないだろうか。

私から見て小次郎は少し興奮しやすい仔であるように思いました。
そんな小次郎だから、興奮は生きていく中では切り離すことの
出来ないもの。

それならば興奮させない事よりも、興奮のスイッチを早く切る
こと…私がいち早く小次郎の興奮を鎮められるようになる事のほうが
大切なのではないか。

チャーリーママさんのブログで学びだし、そんな想いが湧いて
きました。

2013年8月、チャーリーママさんの座学が大阪であることを
知りました。人見知りの私は少し躊躇しましたが、“学びたい”
“チャーリーママさんにお会いしたい”という気持ちが日毎に膨らみ
勇気を出して参加させていただきました。

座学では動物福祉に則った飼育についてや古典的条件づけについて学び、
オペラント条件づけとの違いを教えていただきました。

ブログを読んで実践していたつもりでしたが、私のおやつの使い方は
オペラント条件づけになってしまっているものもあることが分かりました。

チャーリーママさんは決して高圧的な態度や言い方をされる方ではなく、
チャーリーママさんご自身も日々学び向上していこうと努力してみえる方でした。

そして座学に参加してみえる皆さんがその場で自由に発言をしてみえました。
私は受け身の座学ではないことに感動しました。とても新鮮で楽しい座学でした。

まだまだ私のことを“危険”“安心できない”と認識していた小次郎との
関係を修復するために必要取り組みは古典的条件づけでした。

小次郎を守るべき立場の私が、小次郎の命を脅かす存在になってしまって
いたのです。深く刻み込まれた心の傷をいやすために出来ることは
“名前を呼んでおやつ”。http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-2676.html
そしていつも穏やかでやさしい心で小次郎と関わることでした。

コジ君、おやつの時だけじゃなくて、普段もあたちの側に来て欲しいでチュッ(* ^)(^ *)♪
依奈坊、おいら赤ちゃんは苦手なんだ┌|゜ο゜|┘ヨッ!  それに依奈坊おいらの大事な
オーバーコート思いきり掴むし、( ^o^)\(^-^ )ナデナテ"じゃなくてペンペンするし(((p(>o<)q)))いやぁぁぁ!!!
これがおいらの精一杯だぜヽ(`▽´)/

[広告] VPS

コメント

非公開コメント

こじ君ママ、お久し振りです(*^^*) 何だか忙しくって、ブログもストップしてました(ノ´∀`*) でも、元気でしたよ~。ルビーの鼻炎は相変わらずですが、病気に負けることなく元気です。ガウガウ性格も落ち着いて来ました(^-^)/ こじ君、赤ちゃんと仲良しねっp(^-^)q 赤ちゃんに優しく接する事が出来るなんて、偉いよ~(^ー^) こじ君のブログは欠かさずスマホから見て応援してましたよ(*^▽^)/★*☆♪ 頑張ってるね。こじ君ママも。幸せな笑顔可愛いですね~p(^-^)q ○田流から離れてから笑顔を取り戻す事が出来て、本当に良かった( v^-゜)♪ここまでくるにも大変な山もあったと思います。私もですが… 可愛い、可愛い愛犬(わが子 とともに学び続けて行きましょうね♪ 良い年をお迎え下さい(*^▽^)/★*☆♪

Re: タイトルなし

ルビーちゃんとすももちゃんのママ♪

ブログ更新されてなくて、とっても心配してました。
でもみなさんお元気なんですね。良かった(´▽`) ホッ

小次郎は赤ちゃんにお腹を見せる事が結構あるんです。
〇田流の支配性理論からは考えられない行動です。

その時の小次郎の心理は、少しおどけて赤ちゃんを構って
いるつもりなのではないかと私は思っています。
支配性理論は都市伝説でしかないと私は確信しています。

歳を重ねてわんこさんも落ち着いてくるんでしょうね。
最初は何もかも初めてのことばかり…もうびっくりしたり
恐かったり嬉しかったりで、どうすればいいのか分からない
のかもしれませんね(*^m^*)

色んな事を体験することで安心安全なのか、危険なのかを
学習したり、他のわんこさんと関わることで、同族との
接し方や犬語を習得していくんだと、小次郎を見て実感
しています。

一緒に暮らすのは私たち家族なんだから、私たちが誰よりも
小次郎を理解し、小次郎の心の港になれるようにと思っています。

病気を持っていたとしても、その病気と上手に付き合って
楽しくて幸せな時間を過ごしていく事が何よりですよね♪

またルビーちゃんとすももちゃんの元気な様子をアップして
くださいね。楽しみに待っています(^^)

ルビーちゃんとすももちゃんのママも良いお年をお迎え
くださいm(__)m

コメントありがとうございます。
嬉しかったです(●⌒∇⌒●)

No title

明けましておめでとうございます。私は、犬との関係は、もっとオープンに普通に付き合えばいいんじゃないかと思います。余り、飼い主側が気を使ったり、腫れものに触るように接していけば、悪い言い方をすれば、犬は勘違いをして、つけ上がります。これは、人間だってそうです。手を上げれば、相手が怖がる。犬の方は歯をむき出しにしてうなれば、人間が怖がる。飼い主に歯を見せて威嚇すること自体、絶対にさせてはいけない事です。殴ったり、力で制圧するなどと言う事は、絶対に間違っていますが、その前に、家の中での誰がリーダーで、順位がある事をちゃんと教えてあげる事がとても大切なことだと思います。これは、自分のリーダーが誰なのかと判る事が犬にとっては、一番安心で来て、従う事に喜びを見出すと思うのです。家は、リーダーの一番はパパ。2番がママ。犬達は、安心して、暮らせます。誰がリーダーか判らなければ、犬は混乱するからです。小次郎君も以前より、ずっと暮らしやすくなってきて、小次郎君ママも小次郎君を理解する為の努力をされて、きっともっともっと、いい関係がこれからも築いて行けると思います。今年もよろしくね。小次郎君ブログ、楽しみにしています。

Re: No title

Jr.mama ♪

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

Jr.mamaのブログからJr君たちが安心して暮らしている
様子がよく分かります。パパ、ママとの関係が素晴らしい
んだと感じていました。

優しさの中に凛とした強さを持つことが大切なのだと
思うこの頃です。何かの時には母ちゃんが守ってくれる、
母ちゃんが居てくれたら大丈夫と思える存在になることが
私の目標です。

今年も両手いっぱいに愛情を持って小次郎との生活を
送っていきます。どんな事があっても揺るがない
強い気持ちを持って。

Jr.君、経過が良好で良かったです。
Jr.mamaも検査の結果がノーマルで良かったです。

健康は何よりも大切だと思うのです。健康だからこそ
犬との生活もより楽しく充実したものになるのではないかと。

健康第一でお過ごしください。
コメントありがとうございました。

初コメ失礼します♪

最近…踏んだり蹴ったりの日々を過ごしてる私です…(汗)

ボキャブラリーなくて申し訳ないんですけど
マメタ母ちゃんさんのブログ良いですよね。
読ませてもらって肩の力が少し抜けた気がします(。?∀?。)

だからもっとお話させてもらえたらなって(`▽´)
そしたら心の奥で凝り固まったものが解れる気がして!

マメタ母ちゃんさんに私の悩みを少しでも聞いてもらえたらすごくありがたいです。
ちょっとした感想でも大丈夫ですから♪

このままコメントで相談というのもあれなので直接お話しさせて欲しいです。
嫌だったり迷惑ならこのコメントは消してしまってください。

突然すみませんでした。
連絡もらえるの待ってます(o´∀`o)

今○田流を始めようとしてる物です。

うちの子は本気噛みがひどく、
お試しも含めてトレーナーさん5人にはいってもらいましたが、
よくならず○田流に申込ました。優しいしつけ方法と思い込んでいたのでびっくりしました。料金の件も驚きました。もう少し詳しくもし、よければお話聞かせていただけませんでしょうか?