FC2ブログ

ひどすぎる

ツイッターの記事




“爪なしなので小さいお子様でも安心かもしれません。家具等も傷つけにくいです。”

ってどう言う事?


何て事を……。


抜爪(ばっそう)手術。 

ディクローとも言うそうです。

 

人間の手で例えるなら10本の指全ての第一関節から先を切断する手術。

(画像検索して頂くと良く分かると思います。)

 

 当然、術後に激痛を伴います。

 

 また術後20%の確率で問題行動(噛む、猫砂に触れることを嫌いトイレで用を足さなくなる等)が起き合併症の危険もあるとの事。


マメタの勤める動物病院にも、この手術を希望する飼い主が来るそうです。

先生は「うちではこの手術はしない!」と言い、

どれだけの苦痛を猫に強いるのかを話されるそうですが、

そういう飼い主は施術してくれる病院を探して連れて行くんだろうと

先生はおっしゃるそうです。


どうして…爪とぎをして壁紙や家具を傷めるのが嫌ならば

最初から飼わなければいいと私は思います。


動物と一緒に暮らせば多少なりとも、家やモノが傷むのは仕方のないこと。


我が家も小次郎が穴掘りするから、畳と座椅子は傷んでいます。

布団も座布団も。ドアもカリカリするから傷だらけです。


今日、たまたま夕方テレビをつけた時に出ていた芸能人…猫が大好きで自宅の壁は猫が爪とぎをしても良いように漆喰にしたとの事。


お金があるとか無いとかの話ではないと思うのです。


人間の都合で激痛を伴う手術を施し……人間はどこまで傲慢で自分勝手なんでしょうか。



フェイスブックの投稿動画抜粋させてもらいました。




君が帰って来たとき、嬉しくて飛び跳ねてしまう僕を怒らないで

僕は君みたいに長く生きられない

だから一緒に居られる時間がとても愛おしいんだ


君が何が欲しいのかを僕が理解するまでの時間をください

一生懸命頑張るって約束するから


僕を信じて

僕には君しかいない

本当だよ  君なしでは絶対に生きられないのだから


僕に話しかけて

言葉は通じないかもしれないけど 

その声を聞くだけで僕は幸せな気持ちになれるんだ


僕が怯えているときには慰めて

君は人間だから大丈夫だけど僕は大きな音が怖い

ただ一緒に居てくれるだけでいいんだよ それだけで落ち着くことができるから


雨が降っているときは中に入れて

ジャケットやセーターが要らない僕たちも寒いときは寒いんだ


怒り続けるのを止めて

君には君を元気にしてくれる家族がいるけど

僕には君しかいないのだから


君が僕にしてくれたことは何でも覚えているということを忘れないで


そして人間の優しい心を僕にも見せて欲しい

大切にしてくれたら僕はいつもいつまでも君の親友でいつづけるから


野生の本能が出てしまっても大目に見て

この衝動は本当にどうしようもないんだ


犬でも猫でも大きな動物でもいいから新しい友だちに会わせて

匂いが似ている仲間に会えると僕の生活はより楽しくなる


僕にもっと新しい芸を教えて

体も心も健康になるし脳にもいいらしい

君をもっと喜ばせることだって出来るかもしれないし


僕が歳を取っても子犬の頃と同じように可愛がって

僕は子犬の頃ほど可愛くもないし元気じゃないかもしれないけど

変わらず君を心から愛しているよ












動物は…本当に健気で純粋だと思います。


小次郎を迎えて、道を踏み外しそうになった私が偉そうな事は言えません。

もしかしたら人間は真面目に間違えてしまう生き物なのかもしれません。


でも…どんな生き物にも命があるのです。

その命をもっともっと大切に考えられる世の中になって欲しい。

言葉で表す事が出来なくても、感情を持つ動物をもっともっと慈しみ

人道的に扱う世の中になって欲しい…そんな想いでいっぱいです。











母ちゃん、今日はやけに長い記事になったなー ちょっと内容が重過ぎないか? by小次郎

そうだよね、ちょと長いし重いよね(_ _。)・・・

最後まで読んでくださってありがとうございました by母ちゃん







コメント

非公開コメント

No title

初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいております(*^◯^*)
今日の記事に驚きました。猫ちゃんにそんな手術があるのですね・・・。
どこまで人間の勝手なのでしょうか。まるでメリットのように、無責任なほどポップに描かれていることに驚きます。

「犬の僕からのお願い」がとても心に響きます。
大切に、何より優先に・・・と思っていても本当にブライヤーは喜んでいるかな、幸せを感じていてくれるかなと不安になる時もあります。
それでも心から大切にしていくだけです💓

勝手なことを長々と失礼致しました。
これからも、また楽しみにお邪魔させてください。

Re: No title

初めましてm(__)m
コメントありがとうございます。
とっても嬉しいです。

いつも読み逃げですみません。
初めてブライヤー君とちびやま君のブログにお邪魔したとき、
和歌山の那智大社の記事で、丁度1年前に友人と行った場所の写真が沢山♡

ブライヤー君のバナーは夫婦岩!
わぁ、三重県にも来てみえたんだと感激。

記事を遡れば伊勢志摩方面にも来てみえて。
大好きな伊勢神宮とおかげ横丁の記事にまた感激。

家族揃って伊勢神宮とおかげ横丁が大好きで、年に1度は絶対に
訪れる場所です。

娘たちは年に何度も行っています♪
人が多いので、小次郎は←陰気で社会性に欠けると言われていますので(⌒▽⌒)
一緒に行ったことはありませんが、そろそろ連れて行けるかな。


>まるでメリットのように、無責任なほどポップに描かれていることに驚きます。

本当に情けないやら腹が立つやら。
メリットじゃない、自分たちのしている事がどれだけ酷いことか
悪びれてない様子に愕然とします。

儲け主義で自分勝手な日本のペット産業に何とか
ブレーキをかけることは出来ないものかと切に思うこの頃です。

> 「犬の僕からのお願い」がとても心に響きます。
> 大切に、何より優先に・・・と思っていても本当にブライヤーは喜んでいるかな、幸せを感じていてくれるかなと不安になる時もあります。
> それでも心から大切にしていくだけです💓

私も全く同じ気持ちです。
小次郎は笑顔が少ない仔です。
日本犬という犬種、元々の性格もあるのかもしれませんが、
私が小次郎を笑顔にしてあげられていないのではと思うのです。

幼い時に負わせてしまった心の傷が原因かもしれません。
でも犬は今を一生懸命生きていると言ってくださった方があり、
だから毎日毎日を大切に慈しんで生活しています。

ブライヤー君のブログは穏やかで優しい空気が流れていて、
お邪魔するととても心地良くて。

私の方こそ、これからも宜しくお願いしますm(__)m

鍵コメさん♪

ブリーダーは儲け主義。
無茶苦茶な交配をして、先天性疾患等を抱える個体だろうがなんだろうが、とにかくお金になれば良いと考える。

飼う側は人間都合で犬や猫に苦痛を強いるような事をする。
人間って本当に強欲ですね。
こんな事をしていたら、いつか自分たちに跳ね返ってくるのではないかと思います。

全くもってひどいですね。

アメリカは声帯除去は動物虐待だとおもいますが、これはまだやっている人がいるんですね。
猫の爪研ぎカバーも一時ありました。うちのこは歴代決まったとこでしかしませんでしたよ。
沢山あちこちにおいておいたので。

Re: 全くもってひどいですね。

声帯切除、断尾、断耳、牙の抜歯…本当に
人間の勝手で動物に苦痛を強いる。

声帯切除について、ご近所からの苦情で止むを得ず
というお話しを聞いた事がありますが、それでも
辛い事だと思います。

もっともっと犬に優しい“しつけ”が広がり、また間違った
繁殖や販売に規制がかかることを切に願います。